清水富美加は「引退騒動」からわずか6日でなぜ告白本を出版できたのか?

告白本
清水富美加、なぜ騒動から6日で本を出せた?

news_20170219160538_thum630


2月17日に緊急出版された、女優・清水富美加(千眼美子)の告白本「全部、言っちゃうね。」が、現在ベストセラーになっている。

しかし今回の引退騒動は今月11日に始まったばかりであり、そこから6日後の発売とはいくらなんでも早過ぎると感じた人も多いだろう。
そうなると、清水サイドが引退騒動を事前から仕込んでいたように思えるが、出版関係者はこんな見方を示している。



「同書の出版社は仕事が早いことで有名なんです。宗教団体教祖の講演をわずか3日後には書籍化することも珍しくなく、6日もあれば取材から発売まで漕ぎつけることも可能でしょう。ただ書籍の印刷は意外に時間がかかるので、全国の書店に行きわたるのはもう少し後でしょうね」


ここで注目したいのが、清水(千眼)が新しく開設した公式ツイッターだ。
このアカウントは2月11日に開設されたが、そのタイミングで告白本の取材をしていた可能性があるとされる。

芸能ライターがその種をこう明かす。

「告白本の表紙で清水はスカジャンを着ていますが、これとそっくりな服を公式ツイッターのプロフィール写真でも着ているんですよ。しかも服の模様が左右逆になっており、プロフィール写真が自撮りであることを示しています。おそらくこの日に告白本用の取材を受け、その場で新規アカウントを開設したのではないでしょうか」



本の中で「悩みだった好きな人も忘れた」と綴った清水だが、20日には元交際相手が「清水と不倫していた」と名乗り出た。
アクションを起こすと即座に反応が返ってくる状態は、しばらく続くのかもしれない。
告白本