清水富美加の出家騒動 マスコミが突如、”過熱報道”をやめた理由とは?

清水富美加の出家騒動、なぜ”過熱報道”止まった?

ふみカスって誰?どんなヒト?清水富美加がしゃべくり007で魅力爆発!


女優・清水富美加の出家騒動は、早々に幕引きとなるかもしれないという。
なぜかといえば、芸能マスコミの間から「撃ち方やめ」の掛け声が飛び交いだしたのだ。

理由は、幸福の科学出版より発売された清水の告白本「全部、言っちゃうね。」。
清水の所属事務所であるレプロエンタテインメントは、「誠に不可解であると言わざるを得ません」との声明を出し、清水サイドからの突然の契約解除の問題に対して早期解決に動くとしている。

これと合わせるように、スポーツ各紙とワイドショーも過熱取材の報道ラッシュを控えるようになってきた。
ワイドショーの現場スタッフには「もう、このネタは取り上げるな」とのお達しが局の上層部からあったという。


ワイドショーの芸能デスクが説明する。

「所属事務所のレプロと教団サイドが毎日のように新たなニュースを発信したり、それに対する反論が飛び出したりと久しぶりにワイドショーが活気づいた。実際、金正男の暗殺と清水の出家のニュースは視聴率もいい。ところが告白本の刊行によって、『千眼美子』の名で活動する清水と教団の宣伝活動なのではないかという全容が見えてきた。清水側が主張する『奴隷契約』によって清水が体調を崩し、ドクターストップで仕事ができなくなった状態でありながら、一方で書籍を周到に準備していたという事実。テレビ的には同じ土俵に立って、逐一、お茶の間に届けるより、どちらにくみすることなく距離を置けという判断です」


だが、幸福の科学の大川隆法総裁はレプロの本間憲社長の守護霊インタビューを行うなど、さらに話題を集める結果となっている。
これに、レプロ関係者は困惑しきりだという。

「清水が撮影中に降板した映画『泥棒役者』は、代役に石橋杏奈を立てての撮り直しが決まりました。撮影延期などで損害は数千万円になるが、それでも映画一本がポシャるという最悪の事態は免れた。そういうこともあり、損害賠償と違約金を教団に求め、とっとと騒動を収束させたいのでしょう。ただ、相手が宗教団体だけに同じ芸能界に代理人がいて交渉していた能年のときのようにはいかないようです」(芸能プロ関係者)



テレビでいくら報道を押さえたとしても、ネットの炎上までもがすぐさま鎮火するとは限らない。
新たにゲス不倫も発覚したことから、まだまだ取り上げられる問題だろう。