清水富美加 若手俳優・Aと交際の過去「イケメンこりごり」昼過ぎまで酒を飲んで予定をすっぽかしたことも

富美加
清水富美加 若手俳優・Aと交際の過去「イケメンこりごり」

8594b1649b0a8c4bd5567f64009916a9_content


宗教団体『幸福の科学』への出家を発表した女優の清水富美加(22)。
2月17日には告白本『全部、言っちゃうね。』を出版し、瞬く間に完売するなど、世間に与えた影響を強く実感させられる。

だが、こうなるまでに、清水には様々な兆候があったようだ。
清水の知人はこう話す。



「去年7月、彼女はLINEのアカウントを突然消したんです。それまでの人間関係をリセットしたかったのか…。ちょうどその頃、“人肉を食べる役”をやっていたみたいなので、今思うといろいろと考える部分もあったのかな」


清水は告白本の中で、赤裸々に過去を綴る。

《役作りのために飛んでる虫だって食べたし、苦手な貝類を毎日必ず食べるって決めて食べました。(中略)居酒屋で、飛んできたハエを、おしぼりでつかまえて食べました》
《16歳の誕生日の日、死のうとして、ガムテープを口と鼻に貼ったんです》
《ある時、「自分はなんにもできない。もう死のう」ってなってしまって、暴れてカッターで部屋をぐちゃぐちゃにして、腕を切りつけて。(中略)その時の傷は今も右手首に残っています》


一方で、清水の所属事務所は困惑の色を浮かべる。

《このタイミングで清水富美加の書籍が出版されたことについては、誠に不可解であると言わざるを得ません。この書籍には事実と異なる部分も多々含まれております》


さらに2月21日には、一部スポーツ紙が清水が著書で綴った《悩みの種だった好きな人》について報道。
相手男性はロックバンド・KANA-BOONのベーシストである飯田祐馬(26)で、既婚者の飯田と清水は2015年6月から昨年1月まで不倫関係にあったと報じた。
だが、女性セブンの取材によると、別の男性の影も浮上したという。前出の知人が明かす。

「清水さんと同年代の若手俳優・Aです。2014年頃に交際していて、周囲にもその彼にも“つきあってるのは絶対に内緒にして!”って徹底していました。ただ、交際1年ほどで破局してしまったんです」


その頃、酒に酔った清水が

「もうイケメンはこりごり!」

と口にすることもあったという。

清水は春先に、同じ事務所の若手女優仲間たちと暮らしていた事務所の寮を出たことで、恋愛や仕事の悩み相談をする機会がなくなっていたと知人は語る。
その寂しさを紛らわせる名目でもあったのか、元々多かった酒の量がますます増えていった。

芸能関係者は、

「午前11時から仕事かレッスンが入っていたのに、正午過ぎまでお酒を飲んでいて、予定をすっぽかしてしまったこともありました」


という。

あまりにも深い清水の心の闇。
この時、何をどうすれば清水が追いつめられることはなかったのだろうか。
富美加