どんどん“商品価値”が下落する西内まりや!アンチが増えた理由は、やっぱりあのことが原因?

どんどん“商品価値”が下落する西内まりや

bvYQJbjm3ILL72W00w1GJgTXlP8aZvmMksGgBDtf22vZiiGWSEgsf5mDflo8KoUs


女優以外にも、モデルや歌手として活躍する西内まりやが主演を務めるフジテレビ系の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」。
同ドラマの第6話が27日に放送され、平均視聴率が5.0%だったことが28日、ビデオリサーチ(関東地区、以下同)の調べで分かった。

このドラマの初回視聴率は8.5%であり、前作でHey!Say!JUMPの山田涼介が主演した「カインとアベル」の8.8%を下回り、月9の初回最低記録を更新した。
その後、第2話が6.9%、第3話が7.6%、第4話が6.6%と微妙な上下をしつつも視聴率は伸びず。

これまでの月9最低視聴率を記録した、昨年4月クールの福山雅治主演「ラヴソング」の6.8%(第6と7話)を下回る歴代最低を更新。
第5話では6.2%、そして今回は5.0%で3週連続で最低視聴率記録を更新し続けてしまったのだ。

テレビ関係者はこんな話をする。



「制作サイドは視聴率アップのためにあれこれ苦慮してきたが、もはや打つ手なし。それでも、途中で打ち切る予定はないようで、どこまで低視聴率記録を更新するかしか注目すべきポイントがない。西内の“商品価値”は間違えなく下落中」(テレビ関係者)


留学の予定を蹴ってドラマの主演を務めることになった西内だが、虚しい結果に終わっている。
西内のツイッターのフォロワー数は133万人を超え、ドラマの放送前には視聴を宣伝するコメントを綴っているが、視聴率アップに結びついていないのが現状だ。
しかしそれ以前に、もともと西内の世間での“支持率”がそれほど高くなかったようだ。

「もともと西内は所属事務所からごり押しされていたが、安室奈美恵が独立後、その後釜としてさらにごり押しされた。しかし、CDは売れず、主演映画は集客できず、まったく数字を持っていない。おまけに、ドラマの低視聴率が報じられているニュースに反発してか、ツイッターに『結婚観が多様化してる様にテレビ視聴も多様化しているから気にしなーい。って思いたーい。』と書き込んだことで、さらにアンチが増えた可能性が高い」


と話すのは芸能記者。

一部では、視聴率の良くない月9で無惨な結果に終わった時の言い訳として「留学の予定があった」ということを敢えて言っておく…との噂もあった西内。
ここからドラマが大挽回できるかは分からないが、それが厳しいなら最終回までは辛い日々となりそうだ。