櫻井翔とテレ朝・小川彩佳アナ 3月で”報ステ卒業”なら結婚確定か?以前は「皇室の家系」からもお見合いの申し込みが…

小川彩佳アナ、3月で”報ステ卒業”なら結婚確定か?

001


ジャニーズの人気グループ・嵐の櫻井翔(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)の熱愛報道は、ファンのみならず世間に大きな衝撃を与えた。

2月27日の夜、ともにレギュラーのニュース番組に生出演したふたり。
本人たちの口から交際に関するコメントは出なかったが、そうしたなか、東京スポーツは衝撃の内部情報をキャッチしたという。

テレ朝側はふたりの電撃結婚も視野に入れ、早ければ小川アナが出演する「報道ステーション」を今年の3月いっぱいで卒業降板する可能性が高いとの声が出ている。

果たして、その真相はどうなのだろうか?


これまでのテレ朝は、局アナを含めた社員のプライベートに関してはノーコメントで通していた。
しかし、珍しく小川アナについてだけは

「(櫻井は)親しい友人の一人と聞いている」

との広報コメントを発表。

その理由を、同局の報道関係者が明かす。

「普通は局アナの交際になど触れません。ただ小川アナは看板報道番組のキャスター、しかも相手が相手なのでノーコメントは避けたようです。でもジャニーズ側から『交際』とするのはダメ出しされ、それで櫻井サイドが既に出している『親しい友人の一人』というコメントとトーンを合わせたみたいですね」


そしてテレ朝内では、ふたりが結婚する流れも視野に入れているという。

「早ければ小川アナの報ステ3月降板もあり得ますよ。実際に結婚するなら、小川さんの降板は局内で確実視されてます。まだしばらく交際を続けてから結婚というなら、彼女は報ステに継続して出るということになります」(同)


もしもそうなったら交際発覚以上の衝撃といえるが、実は小川アナは結婚願望が強かったと言われている。

「小川アナは以前から結婚したがっていた様子で、だからこそ局へも櫻井さんとの交際をちゃんと報告したのでは。日頃の彼女の言動からして、結婚して仕事を続けるようには見えませんね」(同)


そんな小川アナは、父親は慶応大学の医学部教授で慶大病院の診療部長。その意味では慶大卒の櫻井とはつながりもあるが、本人は小学校から大学まで青山学院に通った。
幼少期は一時、アメリカ・ミシガン州に住み、大学時代はスペインに短期留学。TOEIC915点で、スペイン語検定4級を持つ国際派。
大学2年生の時には、成績優秀者へ贈られる学業奨励賞をもらっている才女なのだ。

テレ朝の社員は、

「局内でのニックネームは『姫』。家柄もよく、他の女子アナとは別格のエリートお嬢さまですね。仕事も真面目で、お嬢さまっぽいところがあります。同僚の男性社員たちからは『手を出しにくいオーラがすごい』と言われていた」

と語る。
さらに驚いたことに、

「以前、皇室の家系からもお見合いの申し込みがあったらしい」

というから言葉も出ない。

実は一時期、テレビ界の大御所タレントの息子である2世俳優と交際していたとの情報もあるのだが………。

「でも結局は破局した。その後、一般人の男性と婚約までいったという噂もありました。ところがその人とも別れてしまい、その後は一時期、男性不信になっていたと噂されてました」

と、同局の社員は続けた。

前出の報道関係者も、

「櫻井君が公にしたがらなかったのは当然ですが、小川さんもずっと隠していて、局内であれこれ言われるのを嫌がっていました。私が知ったのもつい最近」


だという。

現在、テレ朝局内はいま大騒ぎであり、「イチローと結婚した元TBSアナの福島弓子に匹敵する」という喜びの声で沸いているという。