離婚闘争がドロ沼に…小倉優子が”7000万円”の巨額慰謝料を請求したワケとは?

小倉優子が”7000万円”の巨額慰謝料を請求したワケとは?

2cc82d2904b90a5af26cd4f62c2978d1


タレントの小倉優子(33)と、カリスマ美容師で夫の菊池勲氏(46)夫妻の離婚闘争がどうやら泥沼になっているようだ。

昨年8月、小倉が第2子を妊娠中に、菊池氏が小倉の後輩と不倫していることが発覚。
それをきっかけに離婚は秒読みといわれてきた。

そして、新たに報じられたのは、小倉が離婚の慰謝料として「7000万円」を請求しているということ。
一体なぜ、こんなにも巨額の慰謝料を突きつけたのだろうか。


発売中の写真週刊誌「フライデー」が、菊池氏がキャバクラで小倉への暴言を連発していると報じた。
すると今度は発売中の「女性自身」が、すでに2人は別居していること。小倉サイドが慰謝料7000万円を請求していることなどを報じたのだ。

当の小倉本人は自身のブログで、

「週刊誌に書かれていることは、事実ではないことが沢山、沢山あります」

と綴り、具体的な話は避けた。

離婚に詳しい弁護士は、

「どんなにヒドい不倫があったとしても、その慰謝料の相場は100万~300万円くらいです。仮に小倉さんが7000万円を要求しているならば、“法外”な額といえるでしょう。ただし、財産分与や将来の養育費も含めたものなら、そのくらいの額になるかもしれません。ここまでくると、2人もすぐに離婚したいはず。やはり、条件面で折り合いがついていないと考えていいでしょう」


と話す。

菊池氏は取材に対し、「そんなに持ってませんよ」と否定しているそうだが、真相はどうなのだろうか………。

そして一番の問題は、4歳の長男と昨年11月に生まれたばかりの次男の存在だろう。
ふたりはすでに別居していて、子供は小倉のもとにいるという。
菊池氏は長男に会うどころか、次男が生まれたことも、名前も知らされなかったと報じられている。

女性自身の直撃取材に菊池氏は「そんなわけない」と笑い飛ばしているものの、これが事実であれば子供たちにとっては笑えない話だ。

「妊娠中に浮気された小倉さんとしては、夫と子供たちを絶対に会わせたくないという気持ちなのでしょう。しかし、夫婦の間で起こったことと、子供に関することは全く別の話です。今回は菊池さんがDVをしたり、子供を虐待したというわけではない。いくら、ゲス不倫したとはいえ、子供たちにとっては“たった一人のパパ”なのです」(前出の弁護士)



不倫をしたことで、自分にとっては最低の夫でも、子供たちにとってはたったひとりの父親だ。
小倉は、重い決断を迫られている。