キスマイ千賀健永が、剛力彩芽から嫌われていた理由とは?

キスマイ千賀健永が、剛力彩芽から嫌われていた理由

58151fe3


芸能人が多く通う高校として知られるのが、堀越高等学校だ。
昭和の時代から売れっ子アイドルが通っていることでその名がよく知られているのだが、そんな堀越とここ数年、双璧をなしているのが「日出高等学校」だという。

ジャニーズ事務所所属のタレントにも卒業生は多く、『Kis‐My‐Ft2』なら玉森裕太と千賀健永が卒業生だ。

千賀と同様、日出高等学校に通っていた女優には剛力彩芽がいる。
だが、高校時代、剛力は千賀を嫌っていたとの噂が………。それは一体、なぜなのだろうか?


アイドル誌の編集者はこう話す。

「学生時代に千賀と同じダンス部だったのが剛力彩芽。千賀より2学年下なので、一緒に練習したのは1年だけですが、彼女は千賀ことをよく覚えているそうです。なぜかというと、あまりいい印象ではなかったからだとか(笑)」


剛力といえば、女優業以外にも、歌手としての活動もこなしている。
デビュー曲「友達より大事な人」で見せたプロペラダンスが話題になり、そのダンススキルが注目を集めたのだ。
剛力は姉の影響で、5歳の時にダンスを始めており、芸能界入りする前からジャズダンスとヒップホップを会得していたという。

一方の千賀は幼稚園のころにダンスを始め、小学生の時には大会で優勝するまでになっている。
2007年には、同じくジャニーズ所属の『タッキー&翼』の滝沢秀明が発進させたダンスユニット『舞闘冠(ぶとうかん)』に抜擢された。
2011年にキスマイでデビュー後、コートフォリオ(振付師)としての役割も担っている。

剛力は、そんな千賀のどこが嫌いだったというのか。

「高校の時点で、千賀はダンスに自信があったので、クラブではややカッコつけ、本来の人見知りを隠すため、わざと悪ぶっていたそうです。しかし後輩はそんなことを知りません。高校1年生の剛力ちゃんが彼を初めて見たときは、“クールで怖い人”と思ったとか。千賀が話しかけるなオーラを出していたので、接することはほとんどありませんでした。そのため、彼女はよく覚えているというわけです」(前出・アイドル誌編集者)



今ではふたりとも芸能界で大活躍。
得意のダンスが話題になったことから、才能が発揮された。