堀北真希の引退で思い出される、宮﨑あおいとの確執「あいさつには来なくていい」と拒否されたことも…

堀北真希と宮﨑あおいの確執とは?

03_px250


2月28日をもって、人気女優の堀北真希が芸能界引退を表明。
出産後の活躍が期待されていたこともあって、業界関係者やファンからの惜別の声が後を絶たない。

そんな中、2日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、女優の宮﨑あおいがV6の岡田准一と近々結婚するのではないかと報じている。

大人気のふたりの女優の話題。
実は、そんな堀北と宮﨑は過去の撮影現場でバチバチのバトルを繰り広げていたことがあるのだ。


テレビ関係者が説明する。

「2008年に放送された、宮崎主演のNHK大河ドラマ『篤姫』でのこと。堀北は宮崎のライバル役を演じたのですが、当時の週刊誌では、2人の確執ぶりが、たびたび報じられています。事の始まりは、撮影が始まった当初、芸歴も年齢も後輩の堀北が宮崎の楽屋まであいさつしに行こうとしたところ、『来なくていい』と断られ、それ以来、堀北はスタジオでも必要以上のことをしゃべらなくなり、現場は寒々しい空気になったとか」


さらに、堀北がフジテレビの月9ドラマ『イノセント・ラヴ』の主演に抜擢されたことで、ただでさえ厳しい『篤姫』のスケジュールがさらにタイトになってしまったという。
ベテランのテレビ誌ライターがこう続ける。


「主演の宮崎はそれが許せなかったらしく、『あの子と一緒の取材は嫌!』と拒否していました。ドラマの中では、敵対していた2人が徐々に互いを認め、心を許し合う設定でしたが、現実の雪解けは最後まで来なかった」



芸能界を去る決意をした堀北と、今後も活動していく宮﨑。
ほぼ同時に世間の注目を浴びるふたりは、どこまでも因縁が続いているのだろうか………。