芦田愛菜に中学受験の小学生たちが激怒!そのワケとは?

芦田愛菜に中学受験の小学生たちが激怒のワケ

214389


女優の芦田愛菜が、難関私立中学に合格したというニュースが話題になった。
噂によると、慶應義塾中等部と女子学院中学校にダブル合格したのではないかとの話だが、そんな芦田に対して中学受験をする小学生からは大ブーイングがあがっているというのだ。

女性誌のライターがこう話す。



「これから中学受験を目指す子たちには早くも『愛菜ちゃんを見習いなさい!』とのハッパが掛けられているようです。さらに『子役をしながらでも合格できるのよ!』と畳みかけられたら、子供としてはたまったものではないでしょう。これでは愛菜アレルギーを抱く子が現れても不思議ではありません」



東京都では、中学生の4人に一人が私立・国立中学に通っている。その割合は全国一であり、それゆえに受験生も数万人に及ぶなど中学受験は何ら珍しいことではない。
それなら芦田のことを、自分と同じ経験をした仲間と感じられそうなものだが、現実はそうもいかない。

前出の女性誌ライターが続ける。

「慶應や女子学院などのトップ校に進めるのはごく一部に過ぎません。第一志望に落ちた子供がコンプレックスを抱くのは大学受験と変わらない構図で、その子たちが芦田を妬ましく思うのは無理ないこと。『売れっ子だから優遇されてるんだろう!』との愚痴も出るはずです」



学力試験のみの大学受験とは異なり、中学受験では面接も重視される。
このことから、芦田のパーソナリティが有利に働いた可能性は否定できない。
とはいえ、せっかくの合格でアンチが生まれることになるとは、芦田も思わなかった展開だといえる。