堀北真希 母はパートで3姉妹を育て…抱え続けた一家離散の過去 妹との確執も

堀北真希、抱え続けた一家離散の過去

main-1


3月1日に、芸能界引退を発表した女優の堀北真希(28)。
彼女が女優として残した最後のメッセージは、家族への思いを強く表したものだった。

一昨年8月に、俳優の山本耕史(40)と電撃結婚。
昨年末に第一子を出産した堀北の、突然の“引退宣言”は世間に衝撃を与えた。だが、その決断の裏には何があっただろうか。

「女性自身」が堀北の実家周辺への取材を進めると、意外な事実が明らかになったという。


堀北が家族とともに住んでいたのは、東京郊外の住宅街に建つ木造アパートだ。
一家を知る近所の住民はこう明かす。

「最初は母親と娘3人で住んでいました。堀北さんは長女で下に妹が2人。お母さんは離婚してここに引っ越してきたようで『大変ですね』なんて世間話をしていたんです。堀北さんが小学生ぐらいのころで、下の妹さんは幼稚園児だったかな。お母さんはスーパーのパートで3人を育てていました。ところがその後、復縁したのかわかりませんが、父親らしき人も一緒に住み始めたんです。父親は昼も夜も働いて、ほとんど家にいませんでした」


しばらく両親と2人の妹を含む5人暮らしが続いたが、ある日突然、家族はバラバラになってしまったという。
別の近所の住民が語る。

「堀北さんが中学校に上がるころ、お父さんが2番目と3番目の娘を連れて出て行ってしまったんです。堀北さんは大のママっ子でしたが、彼女が母親の愛情を独占することでしだいに姉妹関係がぎくしゃくしていったそうです。だんだん父親と妹たち、そして母親と彼女間に溝ができていったたようで……。もともと不仲だった両親が再び別れるきっかけを作ってしまったと堀北さんは当時から後悔していたようです」


そんな最中の2002年に、堀北は芸能界デビューする。そして、2004年の高校1年の時に女優としてブレイクした。
デビュー後も母子は支え合っていたが、姉妹間にはまたもやトラブルの火種が発生。
近所の商店主は、

「すぐ下の妹さんが、堀北さんが売れっ子になってから『私の女優の姉よ』とSNSで写真を出したことがあったんです。堀北さんは注意したそうですが、妹は『いいじゃない、お姉ちゃんは有名人なんだから』と反発。姉妹の間でちょっとした諍いになったようです」

と話した。

家族がふたつになってしまった時に、堀北は自分だけが母親と暮らせていることに対して、妹たちに“負い目”を感じていたのかもしれないと推測する人物もいる。
 
「堀北さんからすれば『自分が芸能界に入ったせいで、家族がいままで以上にバラバラになってしまった』と自分を責めるようになっていたのではないでしょうか」(前出・商店主)


こうしたことが堀北の心の中にトラウマとして残ってしまったのだろうか。
親族は、

「真希ちゃんは、子供は4人ほしいと言っていました。たくさんの子供と一緒に家庭の中で過ごしていくことが自分の夢でもあり、幸せなんだと。そのために仕事はスッパリやめて、専業主婦として家庭をしっかり守ると決心したのでは……」


という。

仕事よりも、家庭を選んだ堀北。
彼女が望む以上の幸せに恵まれてほしい。