小倉優子の離婚報道に同情多数!!慰謝料なくとも、養育費は年間2000万円以上か?

小倉優子、慰謝料はなくても養育費は…

o0480064113635694059
出典:☆ロケ☆


ヘアメークアーティストの菊地勲氏との離婚を発表した、タレントの小倉優子。
菊池氏は、小倉が第2子を妊娠中だった昨年8月、小倉の所属事務所の後輩タレント・馬越幸子との不倫が発覚。
その直後、別居生活をしながら小倉は同年11月に次男を出産した。

昨年末から菊地氏と話し合いを重ねていたそうで、今年の3月に離婚届を提出。
4歳の長男と4カ月の次男の親権は小倉が持ち、慰謝料は請求しないという。

この報道がされるや、ネット上では「男がマジで最低。ゆうこりん頑張れー」「男の不貞で慰謝料がないというのはかなりの譲歩。ゆうこりんには幸せになってほしい」など、小倉のファンではなくとも同情や応援の声が多数寄せられた。

だが、離婚に詳しいジャーナリストは「慰謝料はなくても、養育費はもらうのでは」と推測する。



「菊池氏は年収8000万円とも言われています。家庭裁判所における養育費の算定表によると、夫の年収が自営業で1409万円で、14歳以下の子供が2人いる場合、養育費は月額28~30万円です。これから推定すると、小倉家に対する養育費は約140~170万円(小倉の収入は加味せず)。つまり、年間2000万円は見込めます。養育費は、父親の存在を示すことができるものなので、有名人ならばそれ相応の額を出す人は少なくありません」



だが、一部では菊地氏が金欠であるため、小倉が情をかけて慰謝料を請求しなかったとも報じられている。
いずれにせよ、これから幼子2人を抱える小倉には幸せになってほしいと願わずにいられない。