堀北真希、”復帰の意思はない”との証言!!黒木メイサ夫妻が反面教師の可能性

堀北真希、”復帰の意思はない”との証言

horikitamaki4


2月28日付をもって、人気女優の堀北真希(28)が芸能界を引退した。
仕事を離れ、昨年生まれた第一子の子育てと家庭に専念するという。

「山口百恵級の衝撃」としてメディアでは扱われ、世間からは「ショックだが、応援する」との声が溢れた。

だが、その一方で堀北は事務所と溝があり、「引退ではなく移籍」するのではないかとの説も囁かれた。

果たして、その真相は何なのだろうか?


芸能関係者は、堀北と事務所の間にできてしまった”溝”のきっかけをこう話す。

「発端は2012年2月、同じ事務所の黒木メイサさん(28才)が赤西仁さん(32才)とデキ婚したことです。一時休業した彼女に代わり、堀北さんに振られる仕事が激増しました。過酷な撮影スケジュールで知られるNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』の終了後も、休む間もなく仕事が続きましたから。あきらかにオーバーワークで、母親が事務所に抗議したこともあったそうです」


以降、堀北のストレスは日増しに高まっていき、2016年春にはCMの契約更新を拒否したと報じられた。
妊娠発表も後手に回り、昨年12月の出産に至っては、夫で俳優の山本耕史(40)の親友・香取慎吾(40)が番組で伝えるという異常事態となった。

事務所も違う香取からの発表は、ますます事務所との”不仲”を感じさせた。

「事務所は彼女が出産した日にちさえ知らなかったのではといわれています。契約を巡っても事務所幹部はギリギリまで引き留めたそうですが、“辞める”という彼女の意志は固く、最後は間に弁護士が入っていたといいます。一方で山本さんの個人事務所を運営する彼の母親との関係は良好だったので、そちらに移籍するのでは、という声が上がったんです」(前出・芸能関係者)


引退を発表した堀北だが、子育てが一段落すれば復帰するのではないかとの声もある。
しかし、現時点で堀北に復帰の意志はないという。

「ごく普通の一般家庭で育った彼女です。ジャージー姿で帰宅途中にスカウトされ、猛烈オファーに負けてバイト感覚で事務所入りした。もともと芸能界にこだわりがないんです。電撃婚で世間を賑わせた後は、夫婦で出かけるだけでツイッターに目撃情報が書かれる。公人の宿命ではありますが、そういう自分の立場に嫌気がさしていた部分もありました」(別の芸能関係者)


もちろん、人気者の堀北にCMオファーをしたいという企業は多数あった。
だが、本人に受ける気は皆無であり、子育てに専念する気持ちは揺るがなかったという。

夫婦の知人は、

「CMさえ受けないというのは相当な覚悟です。1~2日の拘束で数千万円のギャラが入るのに。その裏には、堀北さんなりの夫へのエールがあったのではないか、といわれています。“堀北の夫”ではなく“役者・山本耕史”として、妻に頼らず仕事を頑張ってほしい、と。親友のメイサさんは結婚後、赤西さんがジャニーズを退社したこともあり、収入は妻が担っています。あの夫婦を反面教師にしたのかもしれません」


と話す。