木村拓哉が明石家さんまに直接怒った理由とは?またもやらかした”御法度”で騒動に…

木村拓哉が明石家さんまに直接怒った理由とは?

santaku


お笑い界の大御所・明石家さんま(61)が、4日、司会をつとめるラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。

元SMAPの木村拓哉(44)との共演番組である、フジテレビ系『さんタク』が再開することをフライング発表してしまい、木村サイドから怒られたことを明かし、波紋を呼んでいる。


『さんタク』は、これまで正月特番の一環として放送され、2003年から14回にわたり放送されてきた人気番組だ。
番組では二人のトークをはじめ、木村がお笑いに挑む姿などが放送され、話題を集めてきた。

2月25日の同番組でさんまは、『さんタク』の4月復活を突然発表。さんまは今回の番組について「詳しいことはしゃべれない」と語った。
番組の詳細は明らかにされることはなかったが、打ち合わせの段階では、二人がドラマやバラエティなどで話題となった“聖地”を巡るロケ企画などもあがったという。

だが、こうした非公式の情報解禁は芸能界ではご法度だ。さんまは、

「放送局、木村サイドからすると発表が早すぎたみたい。木村から直接怒られました」

と話したが、さんまはこれまでもSMAPや木村絡みで何度も炎上騒ぎを起こしていることは有名だ。

誰もが知りたい情報を全て話すならまだしも、さんまの場合は聞く側が非常にフラストレーションのたまる話し方だった。

「SMAPの解散についても、さんまは何度もラジオやテレビで言及している。さらに、真相を知っている素振りを見せながら、肝心なことはなにも話さない。当初はファンからの『しゃべり過ぎ』だけだった批判が、ファン以外からも『真相を話さないならもうしゃべるな』と、自身の好感度低下を招く結果となっている」(芸能関係者)


さんまがこのような行動に出る背景には、彼が近い将来の引退を考えており、好感度を気にしなくなったからだとする指摘がある。

スポーツ紙の芸能デスクは、

「さんまが60歳をめどに引退を考えていたのはよく知られています。自身のラジオで、『爆笑問題の太田光(51)に引き止められ思いとどまった』と語っていますが、『お笑いは上がつまり過ぎているから面白い番組ができない』と語るなど、引退の時期を模索しているのは明らか。今回の『さんタク』フライング発表も何も気にすることなく、好き勝手発言した結果なんでしょう」


と話す。

しかし、『さんタク』はファンが待ち望んでいた人気番組であることは間違いない。
復活することについてもネット上では、「4月が待ち遠しくなるな」と前向きな声がほとんどを占める。

また、木村と親しいさんまだけに、昨年のSMAP解散騒動についてもストレートに切りだすのではないかとも期待されている。
そういった意味でも注目される番組であり、今度こそさんまが”いい意味”で喋りすぎてくれると良い。