木村拓哉の”家族商法”は許されない?工藤静香、インスタ騒動で「精神的に不安定になっている」

工藤静香、インスタ騒動で「精神的に不安定になっている」

maxresdefault


昨年から続く一連のSMAP騒動で、すっかり“悪役”となってしまった元メンバー・木村拓哉(44)と妻の工藤静香(46)。
猛烈に激しかったバッシングの影響か、工藤のメンタル面に支障が出ていると心配されている。


芸能プロ関係者がこんな話をする。

「工藤はこれまで、SMAPの独立計画進行時、木村拓哉(44)に対して『ジャニーズ事務所に留まるように説得した』と報じられてきました。工藤の助言がよほど効いたのか、木村が翻意したことで、グループはバラバラになったというのが定説です。本人も風向きを変えたかったのか、昨年9月に写真週刊誌『フライデー』(講談社)で異例のインタビューを受け、『どうして私たちが“裏切り者”呼ばわりされなきゃならないの!』と反論しました。最近も工藤はバッシング報道を気にしているようで、そのせいか精神的に不安定になっているそうです」


そうした中、ジャニーズに忠誠を誓ったことで将来も安泰と思われた夫の木村の周辺に暗雲が漂っているという。
スポーツ紙の記者は、

「このまま、木村がジャニーズを支え続けたとしても、工藤の扱いがよくなるわけではありません。工藤が現在、『フライデー』のインタビューや今年から始めたインスタグラムでの情報発信が容認されているのも、メリー喜多川副社長(90)との個人的な関係によるところが大きい。今でこそジャニーズ内で一目置かれているものの、そう遠くない将来にメリー氏が引退するのは既定路線。その時、社内に工藤の行為を”家族商法”を見なす動きが出てもおかしくない。屋台骨が揺らぐジャニーズが工藤を突き放す可能性も否定できません」


と語る。

事実、所属タレントの家族を“排除”した例は過去にもある。
かつて、嵐・相葉雅紀(34)の実家である中華料理店が“便乗商法”を行っていたことで、事務所幹部の怒りを買ったという騒動もあった。
ジャニーズの牙城は、そうした身内への徹底管理で揺るがないものとなった経緯があるのだ。

木村ファンを嘆かせ続ける工藤のインスタ発信だが、本人はこれからもプライベートを晒していくのだろうか。