《顔面崩壊》川越シェフがテレビ露出激減していた理由は「渋谷流血事件」と明かす!

川越
川越

川越シェフ、テレビ露出激減していた理由は….顔に16針縫う大ケガ負った為と明かし話題になっています。

川越シェフは5月12日放送の日本テレビ系「ダウンタウンDX」で、この頃テレビ露出がめっきり減った理由として、オープンさせたカフェで忙しく働いていることと別に“渋谷流血事件“を挙げた。

あるとき渋谷のカフェに知人と集まったところ、ガラスの扉があるのに気づかず、顔から激突してしまったのだというのです。
眼鏡をかけていたこともあり、結局眉と目の間を16針縫うケガを負ったと明かした。

川越シェフは「顔が取れたと思いました」と振り返る。

当時の写真も公開されたが、右目の周りが紫にうっ血した姿にスタジオから悲鳴が上がった。数カ月かかって腫れがやっと引いたと思ったら、今度は顔半分が黄色い「見たこともない色」になったため、半年ほどテレビ出演を避けていたと告白した。

その写真がコチラ。



16

川越シェフは「それもきっかけでありましたけど、“イケメン“シェフじゃないっていうのがバレてきたっていうのもある」とジョークを飛ばした。


しかし、ネット上ではお水800円事件が原因だろ!!と話題になっています?



2013年5月19日付で配信された雑誌「サイゾー」のウェブサイトで「食べログ」のような評価サイトをどう思うかと質問され、「くだらないです」「年収 300万円、400万円の人が高級店に行って批判を書き込むこともあるが、 そういう人たちには高級店の企業努力や歴史がわからない」と発言。

以前に自分の店で、客が頼んでいない水を出し、「水だけで800円も取られた」と非難されたことに対しては、「当たり前だよ!いい水出してるんだもん。1000円や1500円取るお店だってありますよ。そういうお店に行ったことがないから 『800円取られた』という感覚になるんですよ」と語った。


http://ja.wikipedia.org/
川越