庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!

庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!

米アラバマ州、人口400人ほどの小さな町エルクモントで起こった珍事件。

エルクモント高校でクロスカントリーや陸上をする学生たちの活動費を募るため、初めてこの町で約21キロのハーフマラソンが開催された日のこと。

朝、エイプリル・ハムリンさんは、用を足させるため、愛犬のブラッドハウンドのルディヴィンを庭に放していました。

しかし、ほんの一瞬目を離した隙に、庭から逃げ出してしまったルディヴィン。

庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!1


ハムリンさん宅から離れ、最終的にたどり着いたのは…なんとマラソンのスタートラインだったのです!

レース開始を知らせる銃声が鳴り響くのを聞いたルディヴィンは、そのまま一緒に走り出しました。

レースの途中、くんくんと何かの匂いを嗅ぎに行ったり、小川を通ったり、近くの牛たちに会いに行ったりと、横道にそれることはあったものの、その度にまた、ランナーたちのもとに戻ってきて...

なんと最後はみんなと一緒にハーフマラソンを走り切ってしまったのです。




無事ゴールしたルディヴィン。

しかも驚きの順位は、なんと7位!

飛び入り参加ではありましたが、その努力を称えメダルが贈られました。

マラソン会場にいた人たちからのメールで、ルディヴィンの活躍を知ったハムリンさんも、もちろんびっくり!

「ルディヴィンはおっとりしていて、フレンドリーな性格だし、実は、面倒なことが大嫌いな子だから、ハーフマラソンを走ったと聞いても信じられなかったわ」。そうコメントしています。

庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!2

また、ハムリンさんはルディヴィンが、ほかのランナーたちの邪魔にならなかったかと心配していました。でも、実際は、その逆。ランナーたちは、走るルディヴィンの姿を見て、たくさんの元気をもらっていたようです!


ルディヴィンが参加してくれたことは、さらなる良い結果を生みました。

話題性が増したことで、ハーフマラソンの本来の目的である募金が、予想よりもたくさん集まったのです! このお金で学生たちは、いいトレーニング用具を購入し、大会で活躍してくれることでしょう。

最後に、こちらがハーフマラソンを走り終えた後のルディヴィンを、こっそり撮影した写真。庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!3ゲットしたメダルを寝床に持ってきているところが、とってもカワイイです。

きっと、いい夢を見ていることでしょう。おつかれさま、ルディヴィン!