庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!

庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!
庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!

米アラバマ州、人口400人ほどの小さな町エルクモントで起こった珍事件。

エルクモント高校でクロスカントリーや陸上をする学生たちの活動費を募るため、初めてこの町で約21キロのハーフマラソンが開催された日のこと。

朝、エイプリル・ハムリンさんは、用を足させるため、愛犬のブラッドハウンドのルディヴィンを庭に放していました。

しかし、ほんの一瞬目を離した隙に、庭から逃げ出してしまったルディヴィン。

庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!1

ハムリンさん宅から離れ、最終的にたどり着いたのは…なんとマラソンのスタートラインだったのです!

レース開始を知らせる銃声が鳴り響くのを聞いたルディヴィンは、そのまま一緒に走り出しました。

レースの途中、くんくんと何かの匂いを嗅ぎに行ったり、小川を通ったり、近くの牛たちに会いに行ったりと、横道にそれることはあったものの、その度にまた、ランナーたちのもとに戻ってきて…

なんと最後はみんなと一緒にハーフマラソンを走り切ってしまったのです。


スポンサードリンク

庭から逃げた愛犬が、そのままマラソン大会に参加するという珍事件発生!