DAIGOが持ち込んだハンパじゃない『お宝』が話題!「平成」の色紙が…なんか家の蔵にあったっス!

daigo
daigo

歌手でタレントのDAIGOが、とんでもないお宝をお宝を鑑定に持ち込み話題に!!

持ち込んだのは…新年号・平成が伝えられた日に小渕恵三氏が記者会見で持っていた「平成」と書かれた色紙!!!

2008年にDAIGOが音楽バラエティー番組「うたばん」に出演した際の話がネット上に出回り再び話題に(笑)

平成

番組中、DAIGOは自身が竹下登元総理の孫であると告白。
さらにDAIGOが持ち込んだお宝を鑑定するコーナーがあり、“ハンパないお宝”として「平成」と書かれた色紙を紹介のです。
年号が平成になった当時の総理が竹下氏であったことから、「たぶんそのままの流れで家にあるんじゃないかな」と説明したDAIGO。
鑑定士も困った様子で「金額としては出せない」と鑑定結果を発表していた。

このDAIGOさんの逸話について

「DAIGOさんほんとすげーよね」
「笑うわそんなん」
「あの色紙、DAIGOの実家にあったのかw」
「家宝レベルでしょ」
「スゲエ事してんなオイwww」

など反響を呼んでいます。
DAIGOさんはその後、ラジオ番組で「平成」と書かれた色紙をその後どうしたのかも発表!
その時のラジオ音源はコチラ。


スポンサードリンク

daigo