今年の紅白歌合戦は、「浦島太郎」が当選確実? 注目新人の正体は中堅俳優

今年の紅白、誰が出るの?

image



大晦日を代表する番組といえば、『NHK紅白歌合戦』だ。
毎年どのアーティストが出場するのか、それを考えるのも楽しい。

今年は活動を再開した宇多田ヒカル(33)や、年内で解散するSMAPなどの出場が注目され、
大きな話題になっている。

そんな中、初出場組としてあの大人気CMからも有力視されている人がいて!?



俳優・桐谷健太

default_1d35a0514de5e449f1df46131fc26be6



紅白歌合戦初出場組として有力視されているのが、“三太郎CM”で浦島太郎役の
俳優・桐谷健太(36)だ。

桐谷といえば、映画「アウトレイジ ビヨンド」で「第22回東スポ映画大賞男優賞」を受賞
(計12人)するなど実力派の中堅俳優として知られている。
そして最近では歌手としても、その才能を発揮。

音楽関係者は、

「桐谷が歌う『海の声』は昨年末に配信され、今年、多くの人の耳に届いた曲の一つです」



と語る。

この「海の声」が流れていたのはauのCMで、「浦島太郎」に扮した桐谷が、砂浜で沖縄の三線を
弾きながら歌うバージョンなどがオンエアされ、人気を集めていた。
この曲は、BEGINの島袋優(48)が作曲したオリジナルソングとなっている。

曲は昨年12月に配信がスタートし、現在までに90万ダウンロードを超え、100万突破も
目前に迫った。

「100万ダウンロードはそうそう出ない数字。今年一番のヒット曲と言っても過言ではない」


と関係者。

桐谷は本日28日、同曲を収録している初アルバム「香音―KANON―」をリリースする。
『海の声』はCM色が出すぎるため、公共放送のNHKが嫌う可能性が高かったが、それも払拭できるという。

この注目の“新人歌手”が初出場となるか、発表が楽しみだ。