和田アキ子が子宮がんの過去を語る「死んでしまいたい」小林麻央にエールも

%e5%92%8c%e7%94%b0%e3%82%a2%e3%82%ad%e5%ad%90
「バイキング」に生出演

tulrtjja28vnmnf_h7k9a_35


歌手の和田アキ子(66)が、今月14日にフジテレビ系「バイキング」に出演し、子宮がんで
全摘出した当時の思いを明かすとともに、乳がん闘病中の小林麻央(34)にエールを送った。


小林麻央にエール

maxresdefault


「実をいうと、結婚して2カ月で子宮がんになって。35年前ですけど」


と、1981年に子宮がんが発覚し、全摘手術を受けた当時を振り返った。


「当時は『がん=死ぬ』っていうイメージがあって。それでなくても『男みたい』とか言われてたんで、子ども生むことだけが自分の夢というか、一回産んでちゃんと育てたい、こんな母親でもちゃんと育てられるっていうを目標に結婚したんですよ」と、出産への思いを明かすとともに、「でも子宮がんって言われて、ほんとに『死んでしまいたい』って思うくらいショックを受けました」


と語った。

また、麻央がブログで発信していることについて、

「こうやって自分から発信して気が紛れたり、また、人が彼女の気持ちをわかってくれる」
「麻央さんの薬になっていると思う」
「頑張れるところまで頑張ってほしい」


とエールを送った。

がん経験者の立場からのエールとあって、視聴者からの反応も凄い。


場所によるだろうけど、若い時に癌になっても35年も元気でいられるんだって、ちょっと励みになった。

経験していないのでわかりませんが、絶望感はもの凄いと思います。
少しでも気持ちが楽になって欲しいですね。

女性として子どもを産めない体になるのは本当に本当に辛いこと。この人のこと好きじゃないけど、同じような病気したからすごく気持ちわかる。子宮も移植できればいいのに。

この発言は なかなか人間味を感じる。

和田が!...
初めていい事をいったような気がする



和田アキ子氏が自分の人生において
色々なものを抱えて生きている事は
世間の人も薄々は知っている。
生きづらい状況を強引な言動や行動で
突破してきたのも、昭和と言う時代に
あってはやむを得なかったのかもしれない。
ただ、時代は変わってきている。
彼女の経験値をもっと柔らかに必要と
している人の元へ届ける事が出来るのではと
考えてしまうのだが。



ネットでは、和田ががん経験者であることをはじめて知ったという人も多かったようで、
驚いたという旨のコメントが多数あった。

和田の一言で、励まされたという人も多いかもしれない。
%e5%92%8c%e7%94%b0%e3%82%a2%e3%82%ad%e5%ad%90