矢沢永吉が近藤真彦への楽曲提供を拒否!その断り方にファンが拍手喝采「ロックすぎる!」

maxresdefault-1
大の矢沢ファンである近藤真彦

34146_original


ロックシンガー・矢沢永吉の格言にファンたちが惚れ直したようだ。

先月10月30日に放送されたテレビ朝日系音楽番組「関ジャム 完全燃SHOW」で、ゲスト出演したTOKIOの松岡昌宏の口から知られざる矢沢エピソードが明かされた。

それは、矢沢がある人物の楽曲提供を断った理由にある。
一体、なぜだろうか?


maxresdefault-1


同回では1980年代の歌謡曲について学んでいくというのがメインの内容だった。
その中で山下達郎や松任谷由実などの70年代に活躍した名だたるシンガーソングライターが80年代になるとアイドルに楽曲提供するようになり、歌謡曲の音楽性が幅広くなって進化を遂げたと紹介。

その流れで松岡は、事務所の先輩であるマッチこと近藤真彦が矢沢のファンで、矢沢に楽曲提供のオファーを出したというエピソードを紹介した。
結論から言うと、これを矢沢は断ったというのだが、その断り方が矢沢節全開でカッコ良すぎると話題になっている。

「後日、矢沢は近藤に断りの電話を入れたそうですが、その際に矢沢は『あなたのことよくテレビで拝見して、すごい素晴らしいし、本当にかっこいいと思う。あなたのこと好きです。あなたに最高の曲を作りたい』と近藤を褒めつつも、結局はNGを出したとのこと。その理由として放った一言が、『ただごめんね、最高の曲ができたら僕が歌いたいよね』という粋なものでした。これに松岡も『最高の断り方じゃない? この断り方かっこいいな』と大絶賛していました」(エンタメ誌記者)



この松岡の意見に、矢沢ファンも同意見だったようだ。

「なんだこれ、ロック過ぎるだろ!さすが永ちゃん」
「他のヤツが言ってたらウザいけど、永ちゃんならOK」
「近藤クン、キミってロックじゃないからって言いたかったんだろうね」


とのコメントが出た。

最高のロッカーは、断り方も最高なのだった。
maxresdefault-1