乙武洋匡氏、不倫相手を「5人」と明かした背景にベッキーの存在

%e4%b9%99%e6%ad%a6
乙武氏、ワイドナショーに出演

548825


今年の3月に一部週刊誌で不倫を報じられ、9月に長年連れ添った妻と離婚した作家の乙武洋匡氏が27日、フジテレビ系「ワイドナショー」に出演。

不倫相手の人数は「5人」と正直に語ってしまったことの背景に、ベッキーの存在があったことを明かした。


番組では、乙武氏が独身生活を送る自宅マンションに、松本人志や東野幸治らを招いて、現在の様子などを赤裸々に語った。

その中で、3月に報じられた不倫報道で、その人数を「5人」と生々しく明かしたことに、フジテレビの佐々木恭子アナウンサーは「過去まで全て明らかにしたじゃないですか。そこまで明らかにしなくても」と、女性目線でちょっぴり嫌悪感を示した発言をした。
続けてタレントのヒロミからは「なんで5人とか言ったの?」と突っ込まれ、乙武氏は「結構ベッキーさんのことが頭にあって…」と打ち明けた。

どういうことかと言えば、ベッキーはロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音と不倫関係にありながら「お友達です」と発言したことで猛バッシングを浴びた。これをふまえて乙武氏も、

「1回言って、その後に違うことが出るとマイナスになるとすり込まれてしまった。今回のことを認めて、他にはありませんと言った後に、やっぱりあるじゃんと出たらものすごくイメージが悪くなる。ならば最初から言おうと」


と、正直に明かした理由を告白した。

だが、佐々木アナは「私が妻なら、今、(不倫していると)言われてもえーっとなるのに、過去に5人と聞くと、え?5人って…」と、本音を吐露。
それを聞いた乙武氏も申し訳なさそうに頭を下げた。
%e4%b9%99%e6%ad%a6