小林麻央が“笑顔のテレビ出演”で隠した「乳がん」闘病の過酷な現実とは

小林麻央が抱える、「乳がん」闘病の過酷な現実とは

b8d705678f45b269347d4f3e4387cba6afdbeeed1483625498-s


乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央が、1月9日放送の日本テレビ系密着ドキュメンタリー特番「市川海老蔵に、ござりまする。」に出演。

支えになった夫で歌舞伎役者の市川海老蔵の言葉や、闘病を経て夫婦の絆が強まったと感じた瞬間、献身的に支える海老蔵への感謝の思いなど、1年8カ月にわたる家族の絆と夫婦愛を語った。

その笑顔の裏に隠した、「乳がん」闘病の過酷な現実とは………。


麻央がテレビカメラの前で語るのは、昨年6月のがん公表後初めてのことだ。
彼女自らが提案してインタビューが実現し、収録は4日、麻央が入院している病室で行われた。

「番組は海老蔵ドキュメンタリー特番の第4弾で、麻央はインタビューを受けた経緯について『結婚前からずっと密着していただいており、私たち家族にとって思い入れのある番組』とブログで明かしています。彼女は黒いショートヘアのウィッグ姿で、黒いリボンがついた上着姿。うっすらアイメークも施し、笑顔で取材に応じています」

と、テレビ誌のライターは語る。

麻央や元女子プロレスラーの北斗晶など、女性有名人の例が度々取り上げられることにより身近な病気の印象もある乳がん。
国立がん研究センターの調査によれば、一昨年新たに乳がんと診断された数は8万9000件を超え、前立腺がんと並んで増大傾向にあるという。

医療ジャーナリストは、乳がんの辛い治療や薬の副作用についてこう話す。

「ステージIVの麻央さんの場合、抗がん剤やホルモン剤の投与が主となる。薬物療法による処置となる場合、闘病生活は過酷の一言です。ホルモン療法の場合、副作用として、更年期のような症状が出ます。体温が上がり、汗が大量に出る。常にイライラしてしまい、お見舞いに来た家族に対してアタリ散らしてしまったりするなど、非常に厳しい精神状態に陥ることがあります。さらに、髪が抜けてしまうのも女性としては耐えがたい苦痛でしょう」



それでも、奇跡を信じて病と闘い続ける小林麻央。
番組は、視聴者の心をグッと掴んだだろう。