市川海老蔵“奇跡”かみしめる 妻・麻央は「夏は絶対無理だった」

海老蔵、麻央は「夏は絶対無理だった」と語る

142042147822529122177_150105-1-0020


歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が9日放送の日本テレビ「市川海老蔵に、ござりまする。」に出演。

妻で乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)の病状について、一時は「絶対に治らないレベル」であり、昨夏を越えられないかもしれないと案じていたことを明かした。


麻央が乳がんで闘病中であることを、昨年6月に公表した海老蔵。
昨年10月のインタビューの時点で闘病の日々を振り返り、

「とにかく絶対治らないレベルの病気だった。言っちゃえば。今年の…早かったら多分3、4、5月で、もうダメだった」

と、病状が深刻であったことを告白した。

「なんとかこう綱渡りで、綱もないようなとこを渡ってきて。まさか手術できるとは思わなかった。今年の夏は絶対無理だった。もうすでに、この時点ではすごいことが起こっている」


と神妙な面持ちで“奇跡”を噛み締めていた。