タッチ・上杉達也で知られる声優の三ツ矢雄二、”ゲイ”であることをテレビ初告白!!好きなタイプは加瀬亮

声優の三ツ矢雄二、”グレーゾーン”あらため…

ltAI7jtyeNtdlo3_KEl8e_31


テレビアニメ「タッチ」の上杉達也役などで知られる声優の三ツ矢雄二(62)が、1月12日に放送されたテレビ東京系バラエティ番組「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」に出演。

これまで”グレーゾーン”と語ってきたことについて、白黒ハッキリつけた。


三ツ矢はこれまで、自身がゲイなのかストレートであるのかを明確にせず、「グレーゾーン」だと語って来た。

この日、番組MCのお笑いコンビ・次長課長の河本準一(41)から質問を受けた三ツ矢は、これまで“グレーゾーン”と言ってきたことには理由があると説明。

「兄がいるんですけど、兄が会社勤めをしていて、兄が定年退職するまではちょっと曖昧にしておこう」

と考えていたという。

それは「兄が会社で何か言われると、兄に迷惑かかるなと思ったので」との配慮からだったが、今回、その兄も定年退職したと言い、「もういっか!」となった三ツ矢。
周りの人たちはすでに知ってはいたものの、公には初めて

「ゲイかストレートかと言われればゲイ」

と告白した。

三ツ矢は、気づいたきっかけについて

「小学校6年生の、本当に学校の勉強も出来るし、運動も出来るっていう(先輩の)人が、僕の教室まで来た時に、僕1人しかいなかったんですよ。『ねえ、給食のあまったブドウパンあげるからキスさせてくれる?』って言われたんですよ。男子に。唇と唇をチュって合わせるだけかと思った時に、チュってやった時に舌がピョって入って来たんです。だから驚いたんですけど、そのときにその先輩のことが好きで。でも同性愛とかゲイって感覚はないんですよ。その子が好きで」


と過去を振り返る。

その後、高校生になった時に「1年先輩ですごいカッコイイ人」を好きになり、ハッキリとゲイだと認識するに至ったという。

そんな三ツ矢は好きなタイプの男性について、俳優・加瀬亮の名前を挙げていた。