『この世界の片隅に』で話題になるも…女優・のん、テレビ局は引き気味で「触れるな」と指示も

女優・のん、テレビ局は引き気味で「触れるな」と指示も

20161019_non_17


アニメ映画「この世界の片隅に」が、「キネマ旬報ベストテン」の日本映画1位に輝いた。
主人公の声を演じたのは、女優・のん(23)。

彼女は、NHKの連ドラ「あまちゃん」で一躍人気女優の仲間入りを果たすも、所属事務所からの独立問題が記憶に新しい。


未だにその根は深く、情報番組のディレクターは

「映画のイベントがあるとスポーツ紙は取材に行っていましたが、テレビ局は引き気味。中には『オンエアはしないけど念のため』と言っている局もありましたね」

と語った。

「映画そのものが話題になってくると、映画を番組で取り上げることはいいけど、のんについては触れないようにと指示が出ていた局もあったそうです」



元所属事務所からすれば、のんは「裏切り者」のように映っているのだろう。
彼女の姿が、普通にメディアで取り上げられるのは一体、いつになるのか…。