すべらない話に出演の綾小路きみまろに視聴者不満!!「完全にダダすべり」

すべらない話に出演の綾小路きみまろに視聴者不満

001


実力派のお笑い芸人やゲストたちが、とっておきの“すべらない”話を披露するフジテレビ系『人志松本のすべらない話』。
毎回楽しみに笑いを追求しているファンも多いが、1月7日の放送に関しては「過去一番つまらなかった」とファンからの不満が噴出しているようだ。


お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)など、番組の主要メンバー以外の出演者が一新された今回の放送。
小籔千豊(43)や兵動大樹(46)といったおなじみのメンバーに代わって、劇団ひとり(39)やお笑いコンビ・メイプル超合金のカズレーザー(32)などが初登場した。
中でも、漫談家の綾小路きみまろ(66)の初参戦は放送前から大きな話題となり、番組ファンの注目を集めていた。

きみまろは今回、「かつら」「森進一さんと……」「薬を飲んだ犬」という3本のトークを披露。
出演者たちの笑いを誘っていたが、放送が終わるとネットでは、

「やっぱり小籔とか兵動のトークが見たかった」
「いつものメンバーじゃないときついな」
「こんなにつまらなかったの初めてじゃない?」

と、視聴者からは不満の声が続出した。

テレビ誌のライターはこう解説する。

「前回ゲスト出演した古舘伊知郎(62)を始め、これまでにも元SMAPの中居正広(44)や稲垣吾郎(43)など異色のゲストを招いてきました。実際にそうした試みが話題性につながり、中居がゲストの回は高視聴率を記録したという実績もあります。ただ、大御所をゲストに呼ぶと、“すべってたけど、無理して笑ってるのでは?”と視聴者の反発を受けかねません。そんなリスクも分かったうえで、ゲストを呼んでいるのでしょうね」


確かにネットではきみまろのトークについて、

「フリが長いわりにオチがいまいち」
「オチが弱かった、トークはあんまりうまくないな」
「きみまろは完全にダダすべりだった」


と酷評する声も多い。

トーク力がたいへん重要な同番組で、笑いを取るということがいかに難しいかが思い知らされたようだ。