麻央と離れない!海老蔵が下した“遠方巡業辞退の極秘決断”「まおにも私が必要」

海老蔵が下した“遠方巡業辞退の極秘決断”とは

20160609-00000003-wordleaf-0524aa26c8d26cc14c42e7d0f34ea3dbd


1月9日放送の日本テレビ系「市川海老蔵に、ござりまする。」において、涙ながらに「役者・市川海老蔵をパートナーとして支えられるチャンスを神様くださいって、いつも思うんです」と語った妻の小林麻央(34)。

この番組は歌舞伎役者・市川海老蔵(39)に密着するドキュメンタリー番組の第4弾。
今作では乳がん闘病以来、はじめて麻央がテレビに出演したこともあって平均視聴率は17.1%という高視聴率を記録した。

そして今、海老蔵は新たな”決断”を下そうとしている。


番組の中で麻央は、

「主人と結婚したからこそ今、私は生きていられるって思います。そうじゃなかったら、もう心が死んじゃっていたかもしれない。だから、すごく感謝してます」

と話し、海老蔵も

「早かったら3、4、5月で、多分、ダメだった。今年の夏は絶対無理だと思った。いま10月でしょ、もうすでにこの時点で、すごいことが起こってる」

と”奇跡”を語った。

テレビ局の関係者は海老蔵の気持ちについてこう話す。

「海老蔵さんは博多座で1カ月間の公演を終えると、今度は年末まで京都で1カ月の公演。地方での仕事が続き、麻央さんと離れ離れの生活が続いていました。ようやく12月25日に千秋楽を迎えた海老蔵さんは急いで東京へ。ブログに《運命の大きさと言うものを感じたひと月でした》《やはり麗禾にもカンカンにもまおにも私が必要》と綴るほど、再会を待ち遠しく感じていたのです」


妻のそばにいてあげたいのに、できなかった。
そんな苦悩を抱えてきた海老蔵は、テレビでは放送されなかった“ある決断”をしていたという。

そのことを、歌舞伎関係者が語る。

「実は海老蔵さん、今年は東京とその近郊以外で仕事をしないと決めたそうです。いつ何があっても戻れるようにするためで、『この1年間は地方での仕事を入れないでくれ!』と“大号令”をかけているのです。歌舞伎の公演は通常、数年先までスケジュールが組まれているもの。それをすべてひっくり返すなんて、相当なことです。松竹としても冷や汗ものでしょうが、事情が事情だけに従うことにしたそうです」 


また、海老蔵はもうひとつの決断をしていたという。

「今年の7月にニューヨークのリンカーンセンターフェスティバルで歌舞伎公演を行う予定だったのですが、それも取りやめることに決めたのです。この公演は、周りの歌舞伎関係者がありとあらゆる人脈を使ってようやく実現の運びとなったもの。海老蔵さんもそれを知っているので、中止は苦渋の決断だったはずです。しかし逆を言えば、そこまでしてでも麻央さんといっしょにいたいのでしょう」(前出・歌舞伎関係者)



ネットでは、今も麻央や海老蔵への応援メッセージがやむことはない。
日本中が、奇跡を信じている――。