発言がヤバすぎる!斎藤工が語った“抱負”に報道陣がヒヤヒヤのワケ

斎藤工が語った“抱負”がヤバすぎると話題に!

a3aa149581b26c51cce6498249f883f703917f981483709116


昨年末に放送された日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対に笑ってはいけない科学博士24時!」に登場し、お笑い芸人・サンシャイン池崎のハイテンション芸を完コピしたことで絶賛されている俳優の斎藤工。

まだまだその余韻が残るなか、斎藤の口から新たな抱負が語られ、報道陣がヒヤヒヤしているという。

果たしてその抱負とは?


3月3日公開の映画「アサシン クリード」の主演を務めるマイケル・ファスベンダーの吹き替えを担当する斎藤。
1月10日に行われた、同映画のヒット祈願イベントに登場した。

映画製作関係者は、斎藤の驚きの言葉を説明。

「斎藤は『農業に手を出したい。きのこ栽培がしたい』『きのこのように自分も軸がほしい』『(自分は)業界に支配されてますけど』など、聞いているほうがヒヤヒヤするような本音トークを炸裂させていて、一部の報道陣からは『これ記事にできる?』『かなりヤバイよね』といったささやき声が聞こえてきたほど。斎藤は14年放送のドラマ『昼顔』(フジテレビ系)でブレイクして以降の人気を本気で“バブル”だと思っているため、バブルがはじけた後も生きていけるように本気できのこ栽培をしたいと考えているのです。ところが、事務所はこのまま“艶系俳優”として確固たるポジションを築かせようとしているので、斎藤とはちょっとした軋轢が起きているようです。斎藤がテレビやイベントで発するネガティブコメントはほぼ本音だそうです」



ちなみに、6月には斎藤のブレイクのきっかけとなった「昼顔」の映画版の公開が控えている。
その舞台挨拶でも、かなりネガティブな“本音”が聞けるかもしれないが…その前に、事務所から釘を刺されるかも?