森脇和成、”猿岩石”時代は年収1億円だった!!当時の給料は手渡しで「帯ちぎりながらニヤニヤ」

森脇和成、”猿岩石”時代は年収1億円だった

c15cbd36765c812a57cb9323ad1a85acfa3181af1437400484


お笑いコンビ・「猿岩石」としてブレイクしたタレントの森脇和成が19日、フジテレビ系「バイキング」のインタビューに応じた。

ブレイク後は芸能界から事業家に転身したものの、事業経営に失敗した辛い時期を赤裸々に語った。


番組では、”芸能界以外の副業を行っている人”を特集。
成功した人もいれば、もちろん失敗した人もいるという中で森脇はうまくいかなかった人の代表としてインタビューを受けた。

森脇は猿岩石として大ブレイクした1996年頃は、月収が2000万円以上だったこともあったと告白。
年収は、実に1億円を超えたこともあったそうで

>「当時は給料は手渡しだったので、伊勢丹の紙袋を二重にしてATMに行って、帯ちぎりながらニヤニヤしながら貯金通帳に入れていた」
と当時を振り返った。

この状態に気を良くした森脇は、2000万円をつぎ込んで高級ナイトクラブを経営することに。
だが、結局は半年で閉店せざるを得なくなり、赤字は「200~400万円はあった」そうで、芸能界も引退。

その後、環境保全会社に就職するも、

「サラリーマン時代はしんどかった。正直どっかでなめてたんでしょうね」

と言い、アニメ制作会社、輸入貿易会社、人材派遣会社など、職を転々とした。

「軽い鬱も入ってた。明日が来るのが嫌だった」

と辛い過去を明かした。

現在は再び芸能界に戻って役者として生活しているが、

「名前売れてるかといって成功するとは限らない」


と語った。

相方の有吉弘行も、猿岩石としてブレイクしていたのが落ちて行き、「地獄を見た」とテレビ番組で語ったことがある。
そこから這い上がって今では冠番組を何本も抱える売れっ子に返り咲いたため、森脇の奮起も期待したい。