ピコ太郎の武道館ライブに「チケットが高すぎる!」と文句が続出!!

ピコ太郎の武道館ライブ、「チケットが高すぎる」?

2


「PPAP」で人気沸騰中のピコ太郎が、3月6日に「ピコ太郎 PPAPPT in 日本武道館」を開催することが分かった。
公演時間は90分間の予定だが、1分前後の曲がほとんどのピコ太郎ゆえに時間を持て余すのではと囁かれている。

そんな武道館公演について、「どうせガラガラだろ!」との声も少なくないが女性誌のライターはその見方を否定する。



「ピコ太郎人気は大人よりも、圧倒的に子供からの支持が大きいんですよ。それこそ3歳の子供でも『アイハバペン』と、うろ覚えの英語で歌うほど。だから今回の武道館公演で着席必須のファミリー席が用意されていたり、アリーナにキッズエリアを設置すると聞いて、事務所側はよく分かっているなあと感心しました」


ちなみに、同公演には4人組ガールズバンドのサイレント・サイレンや、アニソン歌手のLiSA、くりぃむしちゅーの上田晋也も参加予定だ。
女性バンドなら子供も大音量を怖がらずに観られる可能性が高く、LiSAは子供に人気のアニメ『ミニオンズ』の映画版で吹き替えを担当しているなど、子供を意識したキャスティングになっているのは明らかといえる。

だが、世の親たちからはこんな不満が続出しているという。

「チケット代が5940円もするんです! 武道館公演としては標準的な値段かもしれませんが、子供も同額ですし、90分の公演としてはやはり高すぎます。親子4人連れなら2万円超えですし、子供はグッズも欲しがるでしょうから、親としては『ピコ太郎に2万円も払うのか‥‥』という気分ですよ」(前出・女性誌ライター)



だが、このライブには先ほども述べたようにピコ太郎以外の人気アーティストも参加する。
やや高めのチケット代でないと、元が取れないという部分もあるかもしれない。

ファミリーコンサートといえば、NHK「おかあさんといっしょ」を思い浮かべる人も多いと思うが、同コンサートのチケット代は2880円と安めに抑えられている。
ピコ太郎も、家族連れでも行きやすい価格設定に変更すればもっと客足が伸びるかも?