松本人志、角田信朗との間にある”確執”について言及!!「ルール違反じゃない?」

松本人志が”確執”ある角田信朗にクギ!!

1c8514f070b187768f1378d2175ba490_content


お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、K-1競技統括プロデューサーでタレントの角田信朗(55)との確執について真相を明かした。


角田は16日に更新したブログで、ダウンタウンの番組からの出演オファーを断ったことにより“誤解”が生じてしまい、松本を怒らせてしまったため、出演NGの状態がずっと続いていると告白。
これを受けて22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」では、松本側がついにこの騒動にコメント。

「全然しゃべりますけど、こんなカビの生えたような8年前の話します? この話するくらいなら、マギーの話を(したい)」

と苦笑をもらした。

松本は8年前にオファーを出したことは事実と認めた上で、一度は角田に出演OKを出されたことを明かした。
打ち合わせで衣装まで決めていたものの、収録の2日前になってドタキャンされたと語り、その点が角田のブログでは言及されていなかったという。

「ご本人わかってないのかな? 事務所の人に任せていたのか……」

と首をかしげる松本。

短い日数で代役が見つからず、収録自体がなくなったという。松本は、

「いろんな芸人さんのスケジュールも抑えていたのに、『ごめんなさい。収録なし』ってなったんですよ」

「これは正直大問題というか。僕が怒っているとかそういうことじゃなくて、番組とか吉本とか、もっといえば日本テレビとの問題なので、僕が共演NGとかいう小さい話じゃないんですよ」

と真相を語った。

また、角田がブログで自身がオファーを断った後に「ダウンタウンDX」から再びオファーが来たが、当日になって収録中止にされたと綴っている件についても、松本ははっきりと答えた。

「何かの手違いでオファーしちゃったんですが、やっぱり吉本としても番組としても会社としても『それは無理だ。ああいうことした人と数カ月後に笑いながら番組していたら、他の人たちが、なんやねんってことになるから、これは無理でしょ』ということなんです」


さらに松本は、

「僕どうこうじゃないと言っておきたい。ドタキャンだってことも。あと8年たってブログで急に(暴露)となってくると、ルール違反じゃないかな?」


と、やわらかく角田側を非を指摘。
そして、「会社通して」と自身の一連の発言に対して、角田が再びブログで反論することもやめてほしいなどと呼びかけた。