ビートたけし、淫行疑惑の狩野英孝に「嫁さんにもらってあげれば」

たけし、狩野英孝に「嫁さんにもらってあげれば」

064


タレントのビートたけしが21日、レギュラー出演するTBS系「新・情報7days ニュースキャスター」に生出演。
17歳の女子高生と淫行疑惑が報じられたお笑い芸人の狩野英孝について言及した。


番組冒頭で、この日の狩野の会見のダイジェスト版が放送された。
東京都の青少年育成条例では、「青少年とみだらな性交又は性行類似更衣を行ってはならない」とあり、「違反した者は2年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」と記されている。

たけしはこの淫行条例の定義を踏まえ、

「とても夜中に話すような話じゃないね。一緒になりゃいいじゃないか。嫁さんにもらってあげれば」

とコメント。

会見で狩野は、女性との肉体関係があったかどうかについて言葉を濁しており、

「彼女になればいいな、というのはありました」

と発言。
付き合っていた時点では「彼女」ではなく、ゆくゆくは真剣に交際していくことを考えていたと説明した。
たけしは、

「遊んじゃったのかな」

「お笑いはつらいよね、こういう場合はね。笑わせるわけにいかないし。でも追い詰められちゃったからね、なんと言っていいのか分からない」


とした。