江角マキコ引退!!長嶋一茂宅の”落書き騒動”後は仕事激減…

江角マキコが芸能界引退!長嶋一茂宅の”落書き騒動”後は仕事激減

be96086c


女優の江角マキコ(50)が23日、芸能界を引退することを代理人の弁護士を通じて報道各社にファクスで発表した。

今日24日発売の女性週刊誌「女性自身」が、夫のフジテレビディレクター平野真氏(51)との別居や、実業家A氏との不倫疑惑を報じている。
代理人は別居は認めたものの、不倫疑惑は否定。さらに離婚の予定はないとしているのだが………。


江角はファクスで、

「芸能界を引退させていただく所存であることは事実。子供たちのために、今、私にしか出来ないことを選択し専念する時期だと考え、このような決断に至りました」

と説明している。

「女性自身」の報道によると、江角と平野氏は2015年1月から別居しているという。
その直前に、江角一家とA氏一家が一緒にスキー旅行した際、平野氏が不倫を疑い問い詰め、けんかに発展したとされる。
同氏は、「子供たちのことも考えて」と別居を認めている。

同氏は江角主演の2001年フジテレビ系連続ドラマ「ショムニ」の演出を担当。2003年に結婚した。
他にも、ヒットドラマ「HERO」なども手掛け、現在はゼネラルディレクターをつとめる。

同局企業広報部は別居について「事実です」と認め、江角は別居について

「事実ですが、あくまで双方の仕事や生活スタイルの便宜のためであり、夫婦関係が悪化したという理由ではありません」

とし、離婚については

「予定もまったくありません」

と否定している。

A氏とは同誌でマンションで長時間過ごしたと報じられているが、

「投資金の返金交渉の相手方として交渉のためお会いしている。不倫関係などには断じてございません」


と、こちらも否定。

江角はバレーボール実業団の日本たばこの選手からモデルに転身後、1995年に映画「幻の光」で女優デビューを果たした。
1996年に、写真家・桐島ローランド氏と結婚したが、9カ月後に離婚。
平野氏と再婚後は、長女(11)と長男(7)の2児をもうけた。

2014年3月に個人事務所を立ち上げたが、同年8月、都内にあるタレント・長嶋一茂(50)の自宅外壁に、マネジャーに指示して「バカ息子」と落書きさせたと報じられた。
江角は指示を否定し、元マネジャーの男性は警視庁の事情聴取を受け、指示は受けておらず「私が勝手にやりました」と供述したと伝えられた。江角はその後、仕事が激減。
個人事務所も今月いっぱいで閉鎖するという。