松方弘樹さん、複数の女性との間に子ども6人 芸能界指折りのモテ男だった

松方弘樹さん、複数の女性との間に子ども6人

1622_matsukata_hiroki


俳優の松方弘樹(まつかた・ひろき、本名目黒弘樹=めぐろ・こうじゅ)さんが脳リンパ腫のために亡くなったことが23日、分かった。
亡くなったのは21日であり、74歳だった。

松方さんは東映の“やくざ路線”、“実録路線”のスターとして活躍。
代表出演作に「仁義なき戦い」シリーズがあるが、最近は体調を崩し、脳リンパ腫と診断され、病と闘っていた。

昔からモテ男だった松方さんには、複数の女性との間に6人の子どもがいることを、俳優で息子の仁科克基が明かしていた。


仁科は2015年12月に放送された、関西テレビの「胸いっぱいサミット!」にゲスト出演。
松方さんの複雑な家族構成について語った。

「知っている範囲で家族を教えて?」と問われた仁科は、松方さんの最初の妻との間にできた姉2人と兄、女優・仁科亜季子との間にできた自分自身と妹の仁科仁美、さらに父が認知した弟と計6人の子供がいることを説明。

ちなみに姉と兄には何度も会ったことはあるそうだが、子供たち全員がそろって顔を合わせたことはないと言い、

「弟は1回も会ったことはないです」

とした。

今後も兄妹が増える可能性を聞かれると、仁科は

「子供はもう増えないです。(松方さんが)パイプカットしてるんで!」


と否定した。