<三鷹ストーカー殺人>懲役22年の地裁判決支持!!「リベンジポルノ」を顕在化させた事件

<三鷹ストーカー殺人>懲役22年の地裁判決支持

20131009002901


東京都三鷹市で2013年、元交際相手の女子高校生(当時18歳)を殺害したとして、殺人罪などに問われた無職・池永チャールストーマス被告(24)の差し戻し審の控訴審判決で、東京高裁(秋吉淳一郎裁判長)は24日、懲役22年とした東京地裁立川支部判決を支持。
検察、被告側双方の控訴を棄却した。


この事件は、池永被告が撮影した女子高生の画像をインターネットに投稿して拡散させたことから、「リベンジポルノ」の問題が顕在化するきっかけになったことで知られる。

差し戻し前の1審判決では、画像の投稿を

「殺害と密接に関連する特に悪質な事情」

と認めて、懲役22年(求刑・無期懲役)とした。
これに対して、昨年2月の東京高裁判決は

「起訴されていない画像の投稿行為を実質処罰した疑いがある」


とし、1審判決を破棄して審理を差し戻した。

遺族の告訴を受けた検察側は、画像の投稿が児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)などに当たるとして追起訴。
差し戻し審の立川支部判決は、追起訴分も含めて懲役22年(求刑・懲役25年)としたが、検察側は量刑が「軽すぎる」として控訴、弁護側も「重すぎる」として控訴していた。

起訴状によると、池永被告は2013年10月8日、女子高校生宅に侵入して被害者の首や腹をナイフで刺して殺害。
同年7~10月に高校生の画像13点をサイトに保存し、10月6日と8日にサイトのURLをネット上で公開。不特定多数の利用者が閲覧できる状態にした。