身から出たサビの声…江角マキコ“突然の引退宣言”のウラ「やましいことないなら堂々と訴えろ」

江角マキコ“突然の引退宣言”は身から出たサビ?

4


女優・江角マキコ(50)の突然の”引退宣言”について、芸能界からは「身から出たサビ」「そうするしかなかったのだろう」と突き放す声が圧倒的だという。

それは、アノ報道が根強いだけではないようだ………。


江角は2014年に、子供が同じ小学校に通っていたタレント・長嶋一茂の自宅の壁に、「バカ息子」とマネジャーに指示して落書きさせた疑惑でレギュラー番組を次々に降板。
それからは長女(11)と長男(7)の育児に専念しているものとみられたが、妻子持ちのA氏と不倫関係に陥り、そのため2003年に再婚した夫で、フジテレビゼネラルディレクターの平野真氏と2年前から別居していたと一部で報道された。

疑惑を報じた写真週刊誌『女性自身』によると、そのA氏というのが、歌手の布袋寅泰やGACKTらが被害に遭った昨年8月の投資詐欺事件で、投資コンサルタント会社社長らと共に逮捕されたいわく付きの人物。
事件に関連した金融商品取引法違反の罪で起訴され、昨年12月に有罪判決を受けているという。

江角が23日に代理人を通じて報道各社に送ったファクスには、

「芸能活動を引退させていただく所存」

「(不倫)相手とされている方とは、投資金の返金交渉の相手方として、交渉のためお会いしているのであって、不倫関係などには断じてございません。事実無根の報道に対しては、法的措置を準備中」

「夫との別居については事実ですが、あくまで双方の仕事や生活スタイル上の便宜のためであり、夫婦関係が悪化したという理由ではありませんし、離婚の予定も全くありません」


などと綴った。

しかし、ワイドショーの芸能デスクはこう語る。

「本当に潔白でやましいところなどないというなら、記者会見して堂々と訴えればいい。そうしないのは、できない部分があると認めているようなもの。落書きでケチのついた芸能界でのキャリアを取り戻すどころか、不倫に別居に詐欺と、さらにイメージ悪化を招くことばかりで、もはやこれまでと腹をくくったのでしょう」



江角は出世作となった1998年放送のフジテレビ系ドラマ「ショムニ」で、協調性はないが実力はピカイチという庶務二課のOLのリーダーを演じ、何度も会社の危機を救っていた。
その影響か、”強い女”のイメージがウリの江角だったが、実像はまったく違ったのかもしれない。