マルシアが過去のわがままぶりを反省するも「バス旅」ファンから大ブーイングのワケ

マルシアが過去のわがままぶりを反省するも…「バス旅」ファンは許さず

bf618c9f


タレントのマルシアが、1月23日放送のテレビ朝日系「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」に出演。
かつて、わがまま放題でキレまくっていた過去を告白した。

デビュー曲の「ふりむけばヨコハマ」が大ヒットし、一躍売れっ子になった彼女。
フジテレビ系「新春かくし芸大会」やテレビ朝日系「金曜ロンドンハーツ」で収録中に激怒し、そのまま帰ってしまったこともあったという。
そんなことが続いたために仕事のオファーがなくなり、芸能界を引退した状態になっていたのだとか。

しくじり先生は反省後、出演したタレントの好感度が上がることでも有名だ。
しかし、マルシアの場合、”ある番組”のファンはどうしても許せないと思っているという。

一体、その番組とは?


およそ1年半にわたり、仕事から離れていた彼女は猛反省。
キレないようするのはもちろんのこと、感謝の気持ちを持って仕事に励むようにしたという。
それ以降は、ドラマや舞台など安定して芸能活動を続けている。

だが、テレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のファンは、「あれで反省しているのか?」とマルシアに大ブーイングを飛ばしている状態だ。
理由は、彼女がマドンナとしてその番組に参加したことまで遡る。

彼女は“反省した後”である、2015年1月放送の同番組第19弾に出演。
大阪城を出発して金沢兼六園を目指すというルートに挑戦したが、わがままを連発し、リーダーの太川陽介を困らせたのだ。

バスがないので歩くことになると「信じられない」と文句を言い、番組の趣旨を理解せずに観光気分で旅に挑むという有様だった。
挙げ句の果てには、現地の人の自転車を借りて太川にコーヒーを買いに行かせるという暴挙にまで出た。

「あまりのわがまま放題に太川の顔から笑顔が消え、真顔で文句を言ったほどでした。なにしろあの蛭子能収がちゃんとした人に見えるぐらい。蛭子が『太川さん、(マルシアを)注意してよ』とお願いしたのですから、マルシアがどれほどひどかったかわかるというものです。なんとかゴールに到達し成功しましたが、バス旅ファンの間でマルシアは『史上最低のマドンナ』とされています」(テレビ誌ライター)



三つ子の魂百まで…とはまさにこのことか。
その傍若無人がよかったという声もあるようだが、また同じようなことが続けば再び”休養”に入る可能性は充分にある。