完全復帰のベッキーとは違い、炎上すらできなくなった矢口真里!不倫したふたりの”違い”とは?

不倫
ベッキーと矢口真里、不倫したふたりの”違い”とは?

w700_abe0eb65acfc2b6762229251c4373e143f29122a4ea92289


ロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカルをつとめる川谷絵音との不倫報道で世間を騒がせたタレントのベッキーが、着実に復帰の道を辿っている。

1月11日放送のフジテレビ系『モシモノふたり』にベッキーが出演すると、平均視聴率は10.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組史上最高を記録した。

ネット上では未だに批判の声も根強いが、芸能ライターは「その陰で、元モーニング娘。の矢口真里が完全に忘れられつつある」と話す。

矢口も一時期、不倫で世間を賑わせた人物だ。
同じ過ちを犯してしまったふたりの違いとは、一体何なのだろうか?



「同番組では芸能人の“おためし同居生活”を観察するため、ベッキーは妹でダンサーのジェシカ・レイボーンと出演。昨年、ゲスの極み乙女。の川谷絵音との不倫が報じられたベッキーのテレビ出演は反響が大きく、25日の放送では急きょ未公開シーンもオンエア。フジはかねてから視聴率不振に悩んでいますから、“ベッキー効果”に味を占めたのかもしれません」(同)


しかし、ベッキーへの注目度は高くても、それは決してポジティブな声ばかりではない。
ネット上には、「しれっと復帰するな!」などと批判的な意見も出ている。

「ですが、以前はベッキーと似たようなポジションにいたのに、“炎上”すらしなくなったのが矢口です。矢口は2011年に中村昌也と結婚するも、13年に元モデル男性との自宅不倫が発覚し、離婚。同10月から約1年間、活動休止していました。復帰後はまさに今のベッキー状態で、何をやってもバッシングの対象になっていたものですが、最近はそんな話題も聞かなくなっています」(同)


そもそも、同じ“不倫タレント”であっても、ベッキーと矢口の復活劇には違いがありすぎた。
まず、ベッキーは昨年の1月に不倫が発覚して活動休止したが、同5月にはTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演。
7月にはBSスカパー!の『FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス~』でレギュラー復帰を果たし、12月にはテレビ朝日系バラエティ特番『朝・昼・夜3軒連続帰れま10トライアスロン4時間SP』にもサプライズ出演するなど、着々とテレビの仕事をこなしている。

「そのほか、ベッキーは今夏公開の映画『JKニンジャガールズ』にも出演するなど、なかなかの好調ぶり。一方の矢口は復帰に1年掛かった上、ベッキーほど順調には仕事が回ってきませんでした。ベッキーはすでに広告にも起用されていますが、矢口は15年に脱毛サロンのPRキャラクターに抜擢されるも、わずか3カ月で降板。現在のレギュラー番組は『教えて!アプリ先生』(TOKYO MX)と、『矢口真里の火曜TheNIGHT』(AbemaTV)のみで、どちらも深夜枠。今後のゲスト出演情報も、ほぼ深夜番組となっています」(同)


さらに、ネット上では両者のビジュアル面が話題になることもある。
ベッキーが復帰後に見せたショートヘアには好意的な声もあるが、矢口については

「顔がたるんで、オバサン化が著しい」

などの厳しい意見が。

「世間的に、『独身のベッキーよりも既婚者だった矢口の方が罪が重い』との見方が強いようです。それでも今はベッキーに注目が集まっているので、矢口への批判は減りましたが、同時に話題性もなくなってしまって本人も複雑なのでは?」(同)



モー娘。時代から男性スキャンダルのあった矢口と、スキャンダル自体がはじめてのベッキーではそれもまた違うだろう。
今後ふたりは、不倫の烙印を薄くできるほど活躍の場があれば良いのだが…。
不倫