「女性に嫌われる女」の筆頭になりつつある!?miwaのMステ出演が”反感”買ったワケ

miwa、「女性に嫌われる女」の筆頭になりつつある?

8fc2f3bb


2010年のメジャーデビューから、小柄ながらギター一本で元気に歌う姿で、老若男女問わず幅広いファン層を獲得している歌手のmiwa(26)。

2013年には『NHK紅白歌合戦』初出場も果たした人気歌手の彼女だが、現在「女性に嫌われる女」の筆頭になりつつあるようだ。


そのきっかけを、芸能記者はこう語る。

「順風万端な歌手活動だった彼女にアンチがついた発端は、2015年のこと。彼女は仕事の幅を広げて映画『マエストロ』でヒロインを演じ、女優デビューしたのですが、歌手一本で行くと思っていたファンからは『喜んでいいのか分からない』『miwa好きだけどこれは違う』との声が上がったのです。ここが転換期でした」


その後も、2016年に出演した森永製菓の「ベイク」のCMでも株を下げる形となった。
CMで他の男子と仲良くして笑顔を振りまき、彼に「妬いちゃってんじゃないの?」囁く、小悪魔のような演技を披露したmiwa。

「あざとい」
「可愛さアピール」
「男ウケ狙い過ぎ」

と、特に女性のアンチが急増する要因となってしまった。

さらに拍車をかけてしまったのが、1月27日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』に出演した時だ。

映画『君と100回目の恋』の劇中バンドとして、若手人気俳優・坂口健太郎(25)とともにmiwaは出演したのだが、そのときの行動が炎上につながってしまった。

「ステージ前のトークで、坂口健太郎とmiwaがお互いの手のひらを合わせたのですが、坂口ファンはこの行動に激怒。その後の歌演奏でも、miwaが彼を見る視線や仕草に対して、『ぶりっこぶってる』『共演者を落としたいの?』『男に媚びている』など、ファン以外からも批判が噴出。素の彼女に“男ウケ狙い”のレッテルが張られてしまったのです。今までは“天然”で片付けることができましたが、これからはそうもいかなくなる」(前出・芸能記者)



演出だったと言ってしまえばそれまでだが、これまでのmiwaを快く思っていなかった人達からすると、ミュージックステーションの件が引き金となってしまったようだ。

このままいけば、映画の内容にもヤジが飛んできそうだ………。