木村拓哉がイモトアヤコに完敗?『A LIFE』視聴率大幅ダウンに”関係者が衝撃”

a6132e72537ce2b197833727714f00dc
木村拓哉がイモトアヤコに完敗か

a6132e72537ce2b197833727714f00dc


自身の主演ドラマで、数々の高視聴率を生み出してきた男の人気にも、翳りが生じてきたのだろうか。

国民的アイドルグループ・元SMAPの木村拓哉(44)が解散後初主演を飾るTBS系日曜ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』の第4話が、平均視聴率12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが分かった。
第3話の13.9%よりもさらに数字を落とし、22.5%を叩き出した日本テレビ系の裏番組『世界の果てまでイッテQ!10周年アワード イモトWT(ワールドツアー)99か国の奇跡2時間SP』に、見事惨敗した結果となってしまった。


『A LIFE』第4話では、木村文乃(29)演じるオペナース・柴田由紀の進退をめぐってストーリーが展開。
「病院をやめる」とまで言い出した柴田は、医学部に入る夢が閉ざされた過去を告白し、そしていくら頑張っても「ナースは医者に勝てない」と卑下する………。

翌朝明らかになった視聴率は12.3%。
まずまずの結果に思えるが、回を重ねるごとに徐々に数字を落としていることや、億単位ともウワサされる莫大な制作費のことを考えれば、TBSも悠長に構えていられないのだろう。
一体なぜ数字が下り坂なのだろうか。芸能関係者はこう話す。

「前クールで大ヒットした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のように目新しいアイディアが取り立ててあるわけでもない。『A LIFE』はいわば重厚な人間ドラマで押し切る横綱相撲にチャレンジしているわけだが、今のところ不調に終わりつつある」


また『A LIFE』第4話の数字を食ったと目されているのが、20時から放送された『世界の果てまでイッテQ!』2時間SPだ。
お笑いタレント・イモトアヤコ(31)の過去の旅を振り返る構成で、視聴者の関心をグッと掴んで22.5%を記録。
『A LIFE』におよそ10%もの差をつけたのだ。

「イモトのコーナーはどれも筋書きのないリアルドキュメンタリー。展開が読めないだけに、そこらへんのドラマよりコミカルかつドラマチックで面白い。逆に『A LIFE』はキムタクがキムタクのまま。キムタク人気で10%台をキープできているとも言えるが、裏を返せばキムタクの招く予定調和感が、視聴率ダウンの要因のようにも思える。今回の結果に関係者は衝撃を受けています」(前出・芸能関係者)



2月12日放送の『世界の果てまでイッテQ! 10周年2時間SP~イモトいよいよ100か国制覇へ!~』は、19時からスタートする予定だ。
『A LIFE』は2週連続のイモト襲来を避けられたものの、それでも視聴率が上がらなければ…。
自ずと真価が問われる形となる。
a6132e72537ce2b197833727714f00dc