坂口杏里はハメられた?加藤紗里との間に”借金騒動”が勃発!!本人は「お金借りてない」

C4JWgoFW8AEExmm
坂口杏里、加藤紗里に借金をお願いしていた?

C4JWgoFW8AEExmm
出典:Twitter


昨年、タレントからセクシー女優に昨年転身した、坂口杏里ことANRI(25)が、借金の泥沼から抜け出せないとまたもや報じられた。

艶系業界入りする要因になったとされるホストクラブ通いが止められず、遂にはタレントの加藤紗里(26)にまで借金を頼み込んだことを、『週刊新潮』(新潮社)が報じたのだ。


坂口といえば、元交際相手のお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二(40)の決め台詞「なんて日だ!」を引き合いに、「What a day!」のタイトルでセクシー女優としてデビューし、話題を集めた。
今月に発売される新作DVDのタイトルは「芸能人ANRI BY KING」。再び元カレを巻き込んだ感が全開である。
だが一方の加藤も、売名行為に関しては負けてはいない。

「狩野英孝(34)の昨年の6股騒動で本命カノジョを主張して名乗り出たことで注目を浴びました。その後も、広島カープのセ・リーグ優勝時にはカープ女子として登場するも、カープどころか野球に関して何ら知識がないことを露呈。隙あらば露出を図る加藤の売名行為は話題を呼びました」(スポーツ紙記者)


『新潮』の記事によると、坂口と加藤は昨年末のテレビの深夜番組で知り合い、意気投合したという。
だが、その直後には坂口が加藤に数十万円単位の借金を申し込むようになったとし、加藤の自宅まで押し掛けたり、電話で泣きながら懇願することもあったと伝えている。
結局、加藤がお金を貸すことはなかったそうだが、『新潮』の取材に「(借金の)相談は受けたことはありますが……」とコメントした。
一見すると、売名タレント同士の些末なやり取りのように受け取れるが、意外な指摘もある。

芸能誌記者は、関係者コメントとして記事中に記載された、

「ああ見えて優しいところのある加藤」
「貸してあげようか悩んでいた」

との部分に注目し、次のように語る。

「加藤をかばうような書きぶりが目につきます。坂口への対応に苦慮したのか、露出するチャンスととらえたのかはわかりませんが、加藤サイドがネタにしようと『新潮』に持ち込んだ可能性もありえます」



だが坂口は、2月8日の夜中に自身のTwitterを更新し、


と、加藤との借金問題はないと否定した。

このふたり、一体どこまで売名を続けるのだろうか………。
C4JWgoFW8AEExmm