清水富美加 突然の引退・出家にテレビ各局が対応に追われる「なぜ今?」

清水富美加 突然の引退・出家にテレビ各局が対応に追われる

20160614-00000002-wordleaf-0a7be2bdf9f2678e2845ebde04ca9b5ec


女優・清水富美加(22)が突然、宗教団体「幸福の科学」に出家することを発表した。

芸能界は引退することを決めた清水だが、人気女優の出演番組を持つテレビ各局は12日、「寝耳に水」の情報の事実確認に追われた。


清水が昨年の4月からレギュラーを務め、11日の生放送は「体調不良」を理由に休演していたフジテレビ系「にじいろジーン」を制作する関西テレビは

「現在、詳細を確認中です」

と回答している。
同局としては清水の事務所から「体調不良」との説明を受けていたが、出家および引退に関する連絡は受けていなかったという。

状況的に次回18日の生放送も清水の出演は厳しいとみられるが、同局は「次回のご出演は調整中です」とコメントしている。
公式ホームページ(HP)の次回予告には清水の名前が記載されているが、詳細が不明であり、局としては休演とも降板とも決めることができない状況だという。

また3月に清水の主演映画のアナザーストーリーとして放送が決まっている、TBS系ドラマ「笑う招き猫」(全4話)の制作に関わっているMBSも、これまでに清水の引退に関する連絡は受けていなかったといい、

「現在、各方面に事実関係を確認中です」


と発表している。
今後、清水の意思や引退理由の詳細を把握したうえで、放送の可否を判断する見込みだ。

各局とも、正確な状況把握が難航している状態。
多くの仕事を抱えている状況下での突然の引退意思に、「なぜ今」と困惑が広がっている一方だ。