清水富美加、幸福の科学出家&引退で巨額違約金の恐れ…所属事務所は問題続出で信用ガタ落ち!!

清水富美加、出家&引退で巨額違約金の恐れ

w600_2616fb54ef5a3e392af99d4041fa3f121adda6a6dc1938a0


NHK連続テレビ小説『まれ』のヒロインの同級生役でブレイクし、人気急上昇中の女優・清水富美加が突然、芸能界引退を発表して世間を賑わせている。

その理由について清水は12日、宗教団体「幸福の科学」を通じて公開された直筆メッセージ内で、同団体に出家するためだとしている。
同日、幸福の科学と清水の所属事務所レプロエンタテインメントはそれぞれ会見を開き、出家の事実を認めている。

一体、清水には何があったというのか………。


週刊誌の記者は、

「清水が個人名義のツイッター上で経緯を説明する前に、レプロが先手を打ってメディア各社へ情報を流し、報道させているのです」

と話す。

清水は今月4日に出演したフジテレビ系『にじいろジーン』を最後に、体調不良を理由に仕事をすべてキャンセルしていた。
そして同日、公式ツイッター上で「来週、ある『宣言』をします」と意味深なコメントを投稿。その投稿が削除されると、すぐさま個人のツイッターアカウントを新設し、次のように投稿した。







「スポーツ紙各社には、レプロ担当の記者がいますが、売れっ子女優であり、レプロにとっても看板女優である清水が体調不良を理由に急遽仕事を休んだら、どこの記者だって気になるでしょう。初めのうちはレプロサイドもごまかしていましたが、本人がツイッターで奇妙なつぶやきをして、各社からの問い合わせにレプロも追い詰められ、事務所もきちんと説明するようになりました。レプロも、突然仕事をすべてキャンセルした清水と連絡が取れなくなっていたので、かなり困り果てていたようです。関係各所に多大な迷惑をかけ、どんな理由にせよ、事務所の信用問題にかかわりますからね」

と語るのはテレビ局関係者だ。

レプロといえば昨年、人気女優の能年玲奈が「のん」に改名して独立騒動を起こしたばかりだ。
さらに昨年は、モデルでタレントとしても人気急上昇のマギーに、Hi-STANDARDの横山健との不倫報道が飛び出すなど、不幸な事態が続いている。
前出と別の週刊誌記者は言う。

「これだけ身内のトラブルが続けば、事務所の信用がガタ落ちするのは必至です。清水も最低でも映画の宣伝活動、これから撮影予定の映画、CM、テレビのレギュラー番組をすべてキャンセルすることになり、多額の違約金が発生する可能性もある。能年の独立騒動の際には、なんとかタレントイメージを傷つけずに本人を取り戻すために、レプロ側が演技指導の女性による“洗脳”というシナリオをつくり、メディアを使って世間に広めました。しかし、その能年の後釜的存在ともいえる清水が、まさか宗教への出家を理由に引退してしまうとは、レプロとしてもまったく想定外の事態だったでしょう」



現在SNS上には、「戻ってきてほしい」「引退しないでほしい」とファンからの悲しみのコメントが溢れている。
これまで清水は、やり場の無い悲しみや怒りを抱えながら仕事をしてきたのだろうか。
本当に、出家の理由は仕事だけなのか。

まだまだ注目が集まる事案である。