清水富美加 出家騒動後初 「スペシャアワード授賞式」の司会降板が決定

清水富美加、「スペシャアワード授賞式」の司会降板が決定

20150721_5


「スペースシャワー ミュージックアワード 2017」は14日、公式サイトで女優・清水富美加(22)が3月7日に東京国際フォーラムで開催される授賞式の司会を降板することを発表した。


清水が11日に、突如として宗教法人「幸福の科学」に出家すると発表してから、出演番組などの降板が発表されるのは初めてのケースとなる。
公式サイトには「出演キャンセルのお知らせ」として、

「MCとして出演予定だった清水富美加の出演はなくなりました。」


と掲載。

このイベントは音楽専門チャンネル・スペースシャワーTVが主催する、音楽とカルチャーの祭典「TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017」の一環として実施されるもの。
昨年も、清水とタレントのユースケ・サンタマリア(45)が司会を務めていた。
今年はアーティストの平井堅、きゃりーぱみゅぱみゅ、KANA−BOONらの出演が発表されている。

現在、清水はテレビのレギュラーでフジテレビ系「にじいろジーン」、NHK「シブヤノオト」の2本があり、広告契約は花王「ニベア」とコスモ石油の2社がある。
また映画の公開も3本控えており、それぞれが対応に追われている状況だ。