剛力彩芽だけはNG!『ビブリア古書堂』実写化決定で原作ファンが悲痛な叫び「ゴリ押しもいい加減にしろ」

『ビブリア古書堂』実写化決定で原作ファン「剛力彩芽だけはNG」

a852c687


累計640万部のライトミステリー小説「ビブリア古書堂の事件手帖」が実写とアニメでダブル映画化されることになり、ファンが大いに喜んでいる。

2月25日には最新刊が発売され、併せて映画の詳細も公表されそうだが、同作品のファンからは「頼むから剛力彩芽だけはやめてくれ!」との悲痛な叫びがあがっているという。

そこには、こんな理由があった。


テレビ誌のライターは、同作品がドラマ化された際の話をする。

「同作品は剛力主演で13年1月期にフジテレビの月9枠でドラマ化されました。その剛力がショートカットでスレンダーなのに対し、原作の主役はロングヘアで胸が豊かな女性だったため、原作ファンの間では『ゴリ押しもいい加減にしろ!』との怒号が飛び交ったものです」


多くの原作ファンから見放されたためか、同ドラマは最終回で当時の月9最低視聴率を記録するという大惨敗に終わった。
これで映画版でも剛力が主役になろうものなら、ドラマよりも悲惨な結果が待っているのは目に見えていそうなものだが………。

しかし、映画ライターはその可能性はほとんどないと指摘する。

「剛力はもう3年近く、映画から離れているんです。最後に出演したのは2014年4月公開の主演作『L・DK』で、興行収入は推定3億円台。惨敗ではないものの赤字は免れず、製作委員会に名を連ねた所属事務所のオスカープロモーションも映画の難しさに懲りたのかもしれません。同社は2008年にも映画『桜の園』で興行収入4000万円未満という伝説の大惨敗を喫していますしね」



何を演じても「ハマり役だった」と言われることの少ない剛力だが、いつしか「これは剛力にしかできない!」と太鼓判を押される作品に出会える日は来るのだろうか………。