miwaの「あざとさ」と「上から目線」にアンチ急増!コメントの節々に軽い自慢

miwaの「あざとさ」と「上から目線」にアンチ急増

001_size6


4月からスタートする全国アリーナツアーに加え、公開中の映画『君と100回目の恋』で注目のイケメン俳優・坂口健太郎とW主演を務めるなと、今ノリにノっているシンガーソングライター・miwa。

そんな人気ぶりもありながら、ネット上では若い女性たちを中心に「あざとい」の声が噴出しているのだという。

一体、miwaの何がそんなに叩かれているというのか?


テレビ局のスタッフは、miwaが叩かれるにあたって最も印象深いエピソードを挙げる。

「1月に坂口と番宣を兼ねて出演した『Mステ』で、miwaは坂口と見つめあいながら手のひらを重ね合うなど親密な姿を見せていましたが、その様子が坂口ファンのひんしゅくを買ってしまったようです」


確かに若手の人気俳優とそのようなことをすれば、アンチが気分を良くするはずもない。
坂口ファンからも嫉妬されそうな状況だが、その背景にはmiwaの顔立ちや仕草、コメントなどにも要因があるのだという。

今月9日には人気コスメブランド・ロクシタンのPRイベントに、春を感じさせる淡い水色のミニワンピース姿でゲスト出演したのだが…。

「miwaといえばパッツン前髪と口を大きく開いた爽やかな笑顔が印象的ですが、よく見ると目鼻立ちがクッキリとしたエキゾチックな顔立ち。ここ数年であきらかにゴツい顔になっています。この日はあからさまに上げ底とわかるヒールを履き、ミニワンピースから膝下を露出していましたが、公称身長149cmの背の小ささがより強調されるファッションでしたね。いわゆる小動物系の顔立ちと連動して、小さいけどカワイイ私的な演出でした。このあたりに若い女性が作為性を感じてしまうのかもしれません。確かに最近の若手女性アーティストのなかでは美形の部類に入りますが、かといって、そこまで美人ではなく、うまくカワイク見せているという印象です」(芸能ライター)。


その上、本人は至って無意識なのかもしれないが、言動にも「上から目線」を感じる発言が多かったのだとか。

「ロクシタンのハンドクリームについて、『自分も気分があがるし、周りの人にも爽やかな香りをあげられる』や、憧れの恋愛について主演映画で坂口が演じる役と重ねて『自分のために何度も命がけでチャレンジしてくれる姿が女の子として幸せ。一途なのがいい』。作品で坂口がmiwaにギターを教えるシーンでは『カメラが回っていないところでは私が坂口くんにギターの教え方を教えていた』など、コメントの節々に軽い自慢や上から目線というか、自分イケてる感を放っていましたね。この辺もアンチmiwaからひんしゅくを買ってしまう要因かもしれません」(同)



miwaの人気は確かなものだが、今後も見ている側が「あれ?」と思うような行動を取り続ければ、ファンがアンチにまわる可能性も充分あるだろう。