嵐の5人に暗雲?SMAPファンの”購買運動”が各方面に波及!『価値の大きさ』を訴えたい

SMAPファンの”購買運動”が各方面に波及「スマノミクス」

6a98a13ce6bb12d944fb756a2d7fc03e


国民的アイドルグループ・SMAPが解散して、2カ月以上が経った。
テレビメディアではメンバーたちを紹介する際、「元SMAP」という言葉を使わないようにとジャニーズ事務所からお達しがあり、一部では「SMAPの名前が抹殺されようとしている」と危惧する声もある。

それでもファンたちは「メンバー不在のSMAP」を支え続けており、元メンバーたちの出演CMの商品を買い支える“スマノミクス”なる購買運動が巻き起こっているという。

そして、その成果は目に見えてあらわれている。


発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)によると、元SMAPのリーダー・中居正広(44)がソロとして初めて出演した「キリン 氷結」のCMが大反響。
昨年も同CMは、さかなクン(41)や志村けん(66)が東京スカパラダイスオーケストラとライブ共演するという内容で話題を集めたが、中居のCMはTwitterでの口コミ、テレビ露出、YouTubeの再生回数などすべての面で昨年を大きく上回っているとキリン広報担当者が明かしている。
また、同商品は『読売新聞』の2月6日付朝刊に1面広告が掲載されたが、中居ファンやSMAPファンと思われる人々が駅売りやコンビニ販売分に殺到し、瞬く間に店頭の新聞コーナーから『読売新聞』だけが姿を消した。

さらに、中居がCMをしている「氷結」と香取慎吾(40)がCM出演している「明治北海道十勝スマートチーズ」をセットで購入するファンが増加しているらしく、チーズを食べながら「氷結」で一杯やる、という組み合わせをファンは“スマ飲み”と呼んでいるという。

広告代理店の関係者は、

「商品の売上は複合的な要素が絡むので、まだ企業側も“スマノミクス”が売上増につながっているのかどうかは今のところ正確に把握できていない状況です。しかし、最近の大手企業はSNSでの口コミ、個人ブログ記事での言及などで広告効果を計測する傾向にある。ファンは元メンバーがCM出演する商品を買い支えることで『SMAPの価値の大きさ』を訴えたいという思惑があるようですが、それは確実にスポンサー企業に伝わっていくでしょう」

と話す。

週刊女性では他にも、草彅剛(42)が「満・満・満足、1本満足!」という印象的なフレーズでCM出演している「1本満足バー」や、木村拓哉(44)がバラエティ番組で言及したシュークリームなども売上がアップしていると伝えている。
さらに驚きなのは、稲垣吾郎(43)が自身のラジオ番組である文化放送『編集長 稲垣吾郎』のバレンタイン特集で紹介したチョコレートは、販売店舗で「それまでは1日1件ほどのお問い合わせが、連日20件以上」という状況にまで発展。
テレビ番組やテレビCMならまだしも、ラジオ番組でこれほどの影響を生み出すのは異例のことだ。

解散後も忘れ去られることなく、むしろもっともっと熱い人気を博していくSMAP。
だが、ジャニーズ事務所にとって、今SMAPよりもプッシュしたいのは事務所の大黒柱となった嵐であることは間違いない。

嵐もSMAPに負けずに経済効果は絶大だ。
今年1月末に放送された日本テレビ系の冠番組『嵐にしやがれ』では京都のどら焼きが紹介され、ファンが販売店舗に殺到。
開店から2時間と持たずに商品が売り切れ、近隣道路に車の行列ができてしまうことから警察が出動する事態にまでなったと伝えられている。

嵐の経済効果も凄まじいのだが、SMAP同様の「ソロ」となると事情が変わってくるという。

「グループで一番人気の松本潤(33)は明治のチョコレートのイメージキャラクターを務めており、視聴者に甘くささやくようなCMがファンに好評でした。しかし、セクシー女優との『ドロドロ二股交際』が報じられたことで一部視聴者から『清潔感がない』などと批判が噴出し、商品イメージまで悪化している。また、櫻井翔(35)や二宮和也(33)ら他のメンバーもそれぞれにソロCMを抱えていますが、世間の反響は今ひとつ。『〇〇くんがCMをやってるから買う!』といった口コミも弱い。メンバー全員で出演している『キリンビール』のCMなどは大好評ですが、ソロとなると途端にインパクトが薄れるようです」(前出・広告代理店関係者)



解散したことで、改めて個人個人の根強い人気を裏付ける形となったSMAPメンバーたち。
事務所がどんなに嵐を押したいと思っても、ファンの視線がそれることはなさそうだ。