りゅうちぇる、出演番組が次々炎上する深刻事態に!「さっさと辞めた方がいい」との声も

りゅうちぇる、出演番組が次々炎上する深刻事態に

20160830203629


昨年、メディアにひっぱりだこだった、モデルでタレントのりゅうちぇる。
今年も大活躍が期待された彼だが、「暴言」が止まらずに出演番組が次々と炎上する騒ぎになっている。


2月21日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演した時のエピソード。
京都大学出身の俳優・山西惇が、領収書に“畑中”と書いてもらおうと「畑の中で畑中です」と説明したら「ハタケナカ」と書かれというトークをした際に、

「『漢字で書いて』って言わないと分かんないじゃん」
「アンポンタン!」

などと発言し、視聴者から批判が集まったという。

また、ビートたけしとお笑いコンビ・くりぃむしちゅーの上田晋也がMCを務める、3月6日放送予定の日本テレビ系特別番組「成功の遺伝史 第4弾~日本が世界に誇る30人~」では、小池百合子東京都知事に対して「ゆりりん」と呼ぶ始末。
このことが記事になるや、コメント欄には「失礼だろ!」といった意見が相次いだ。

昨今、こうしたりゅうちぇるの発言が度々炎上するようになったわけだが、その原因を芸能ジャーナリストは「行き過ぎたキャラ作りが原因」と指摘する。

「おバカキャラで脚光を浴びたりゅうちぇるですが、その期待に応えようとする余り、ややキャラが過剰になり過ぎて、最低限の礼儀を忘れているのでは。また、“いつでも芸能界を辞める覚悟”と公言したのも反感を買ってしまいました。その程度の気持ちで暴言を吐いているのなら、さっさと辞めた方がいいといった声もあります」



思いも寄らない発言や行動で周囲を驚かせる”おバカキャラ”。
しかし、本当にバカではその需要はあっという間になくなっていく。

考えもしっかりしていると評判のりゅうちぇるだからこそ、誰かを傷つけるような発言ではなく、本当の”彼らしさ”で笑いをとってほしい。