速水もこみちの『MOCO’Sキッチン』に苦情!!BPOが公開 「オリーブオイル使いすぎ」「健康や家計にも配慮して」

速水もこみちの『MOCO'Sキッチン』に苦情

dcea150beeb7b6e6725ab5d94af4512a_1


日本テレビ系の情報番組「ZIP!」で、俳優の速水もこみちが担当する人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』に対し、問題視する意見が放送倫理・番組向上機構(BPO)に寄せられたという。

その理由は、「オリーブオイルの量が多過ぎる」というもの。

同コーナーは、大量のオリーブオイルを惜しげもなく使う「もこみち流」の調理法が人気を呼んでいるのだが、実際、過去の放送では1品の料理を作るためにオリーブオイルを「まるまる一瓶」使い切る場面もあった。

量以外にも、様々な指摘があるようで…。


BPOは3月8日、2017年2月に視聴者から寄せられた意見の概要を公式サイト上で公表。
その中で、BPOに先月届いた全1713件の視聴者意見のうち、20件を抜粋して紹介している。そこで取り上げられたのが、

「朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか」

というもの。
また、「オリーブオイルは体に良いものであっても、使い過ぎるとどうなのか」との疑問も呈しており、

「そもそも、(オリーブオイルが)安価で簡単に手に入るものなのか疑問だ。視聴者の健康や家計などに配慮するべきではないか」

との指摘もある。
この苦情に具体的な番組名は公表されていないが、内容からして『MOCO'Sキッチン』を指したものとみられる。

2011年4月にスタートした『MOCO'Sキッチン』は、料理を担当する速水がオリーブオイルを「これでもか!」と多用する姿がSNSで大人気になった。
番組では、完成した料理にも仕上げにオリーブオイルをかけるのが「定番」となっていて、これを称して「追いオリーブ」なる造語まで誕生したほど。
こうした人気にあやかって、2013年2月には速水がプロデュースするオリーブオイルが発売された。
こちらは1本450グラム入りで税込5250円と高額だったが、すでに限定発売された15000本が完売している。

とりわけファンの間で「神回」と呼ばれているのが、一瓶のオリーブオイルを丸々使い切った伝説の2016年3月8日の放送だ。
この時のメニューはオイルを多用する「アヒージョ」。
速水は「たっぷり使っちゃいましょう」と笑みを浮かべて一言言うと、その直後に瓶を高々と掲げて豪快にオイルを鍋へ投入した。

そんな彼のオリーブオイルの使い方は、BPOに苦情が届いた今年の2月の放送でも「ド派手」だった。
とくに2月27日放送の「もこみち流 イベリコサラミとシュリンプのベジタブルピラフ」というレシピでは、具材を炒めるためにオリーブオイルをフライパンにたっぷりと注ぎ、その量はすさまじく、焼くというよりも「揚げる」という表現が近いほどだった。

ただ、こうした『MOCO'Sキッチン』のスタイルはファンに愛されていることもあり、今回BPOが取り上げた苦情に対しては、

「オリーブオイルが主役だから」
「もこみちがオリーブオイルたっぷりかけるところが見たいんだよ」
「オリーブオイルで揚げた事すらあっただろ?いまさらかよ」

と、速水のスタイルに肯定的な意見も出ている。

BPOの広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、「どの意見を抜粋して紹介するかの基準は公表していません」と説明したうえで、

「ですが、寄せられた意見の内容が事実かどうかは確認した上で掲載しています」

ともコメント。

一方、当事者である日本テレビは取材に対し、

「広報部の担当者が不在」


とだけ回答したという。