フジ「アナ雪」エンディング問題に茂木健一郎氏「本人たち以外、誰もありがたいと思わない」

「アナ雪」エンディング問題に茂木健一郎が私見

maxresdefault-1


脳科学者の茂木健一郎氏(54)が、4日にフジテレビ系で放送されたディズニー映画「アナと雪の女王」の特別エンディング映像に批判が殺到した騒動について、”日本のテレビ局の感覚にズレが生じている”と指摘した。


「ノーカット」謳って地上波初放送された「アナ雪」。
めでたく高視聴率となり、最後のエンディングまでワクワクしながら観ていた視聴者も多かったはずだ。

だが、実際のエンディングには劇中歌「レット・イット・ゴー~ありのままで」を歌う一般の視聴者やフジテレビの局アナウンサー、人気芸能人らが歌唱する特別映像を流したことで視聴者から批判が殺到した。

この騒動を受け、かねて日本のテレビ局の姿勢や番組作りについて厳しく批判している茂木氏は7日、自身のツイッターで

「日本のテレビ局の感覚が、アナ雪のようなまっとうなエンターティンメントをつくる感覚からずれてしまっているのだと思います」

「局アナとかタレントが出てくる映像なんて、本人たち以外誰もありがたいと思わないのに。。。」


と指摘した。